Created with Sketch.

Recovery Email

Your account give you access to even more premium content, don't lose access to it. Provide a recovery email below.
  • Secondary E-mail

スケール

市民開発を全社的に展開しましょう。成功を広め、KPI と結びつけましょう。定期的な評価と振り返りによって進捗を積み重ねましょう。

新たな興味を喚起し、市民開発者が常に継続的な改善に取り組むようにします。

プログラム疲れを防ぎ、リソースを成長させましょう。

市民開発の拡張

ここまでに、市民開発者を発掘し、トレーニングを行い、サポートを提供して、パイロットを始動しました。次は、市民開発の成功を称えるべき時です。プログラムの促進には、社内全般への成功の伝達や、リーダーチーム向けのエグゼクティブサマリーが必要となります。

市民開発者に、市民開発を広めるためのチャンピオンプログラムへの参加を要請しましょう。市民開発プログラムマネージャーは、IT 管理者とのコラボレーションによりプログラムの内容を決める必要があります。

チャンピオンの特典は次のとおりです。

  • 新しい機能やデモへの早期アクセス
  • ServiceNow のエキスパートから学べる機会への特別アクセス
  • ServiceNow 認定プログラムへの参加*
  • 新規の市民開発者への指導体験
  • コミュニティ内でのステータス

成功事例を紹介する市民開発者向けプラットフォームを構築しましょう。次の項目が含まれる市民開発者用のテンプレートを作成します。

  • 解決しようとした問題の説明
  • 使用したツール
  • アプリによってもたらされた成果
  • 成功の測定基準の詳細
  • デモとスクリーンショット

コミュニティあるいは社内 Web サイトを利用してこのプラットフォームを構築します。フィードバックの仕組みを取り入れ、コメントや質問ができるようにしてください。

*認定を受けた市民開発者の 70% が、認定が自身のキャリアに役立ったと回答しています。

アセスメントを継続し、計画やプロセスに改良を加えましょう。当初のビジョンと成果や KPI との比較検討を行い、進捗を評価します。次の内容が含まれる定期的なプログラム評価計画を策定しましょう。

  • 参加の測定基準
  • アプリのレビューの量と質
  • プログラム満足度サーベイ
  • ROI およびコスト分析データ

参加に対する褒賞と目標を見直します。IT 部門と市民開発者とのコラボレーションを、新しい学習の場や新規認定、新たな機会の提供によって称えます。

自社の成功事例を外部に広め、市民開発の分野におけるリーダーシップを示します。認知の向上によって、新たな市民開発者候補にアウトリーチしやすくなります。

市民開発プログラムの価値は、IT 部門と市民開発者とのコラボレーションにより実現するイノベーションにあります。より迅速かつ効果的に行動するための手段が組織にもたらされるのです。

ローコードのアプリ開発を利用してあらゆるレベルの開発者に関わってもらうことで、ビジネス成長が加速し、リソースが拡大します。適切にスタートを切るには、適切なプラットフォームを使うことが必要です。

適切なパートナーと提携していなければ、計画策定はすべて単なる練習になってしまいます。ServiceNow では過程をしっかりと把握しており、Now Platform® には、アプリ制作の工程に市民開発者を組み込むために必要な機能が搭載されています。専門知識とリソースにより、当社は過程におけるステップ一つひとつを支援します。

ガバナンスの評価

アプリには柔軟なアプローチを、ガバナンスモデルには動的なアプローチを取ります。

Previous Event Overlay. Next Event Overlay. Close Event Overlay.
開発中のアプリの内容に基づいて適切なレベルのガバナンスを追加します。プロセスに入ってくるアプリが増えれば増えるほど、IT 部門と市民開発者は各カスタムアプリに必要なガバナンスの種類にますます詳しくなっていきます。

次の内容に応じてガバナンスの水準を評価します。
  • 構築中のアプリ
  • そのアプリの重要性
  • 複雑さ
  • セキュリティリスク
  • 使用されるデータの種類
  • ユーザーの種類と数
  • 開発者のスキルとトレーニング状況
クラス最高水準のガバナンスは常に改善されていきます。時間経過とともにガバナンスを見直して改善するための仕組みを定め、リスクを軽減しつつ継続的に価値を実現できる環境を確保しましょう。

アプリと開発者の審査を担当するボードを立ち上げ、開発のさまざまなステージでプロジェクトを評価します。このチームはアプリのアイデアに対する審査を行って必要なガバナンス水準を決定し、コードのレビューや QA テストまたはユーザーテストを支援します。

このステージにおいて IT 管理者は、重要度が低い、または複雑さの少ないアプリ用に一段下の水準のガバナンスを導入することもできます。

アプリのサポート

市民開発アプリには、ライフサイクル全体でサポートとメンテナンスが必要となります。

Previous Event Overlay. Next Event Overlay. Close Event Overlay.
アプリごとの実施を原則として市民開発アプリを評価し、ライフサイクルにおいて必要となるサポート水準、さらに継続サポートの担い手も決定します。アプリのサポートに関する選択肢としては次の内容が挙げられます。
  • IT 部門によるサポート
  • 市民開発者によるサポート
  • 市民開発を担当する事業部門によるサポート
  • 上記の自由な組み合わせ
サポートの担い手が決定したら、ロールと職務内容を文書化する必要があります。市民開発者が新たなロールに移る場合は、ナレッジトランスファーの計画を立てます。

各アプリのサポートに求められる内容を SLA に明記することで、ステークホルダーからの期待を見越して必要なリソースに関する計画を立てやすくなります。

アプリの監査

健全性レビューを実行し、アプリの品質を確かめます。

Previous Event Overlay. Next Event Overlay. Close Event Overlay.
適切な規模のガバナンスを維持するための最善の方法は、IT 管理者と市民開発者プログラムマネージャーに、自分たちの意思決定プロセスやポリシーのどこに簡素化できる可能性があるのかについて、定期的なレビューを実施してもらうことです。

これは、承認プロセスの中でボトルネックを取り除ける部分を探すよりも効果的です。内容としては、既存のガバナンスポリシーとプロセスのポートフォリオの監査や、簡素化のための機会に対象を絞った洗い出し作業が含まれます。

制作中のアプリ品質の確保は、プログラム全体の成功に影響を及ぼします。定期的なアプリ監査の実施は、開発環境と本番環境の両方のアプリで必須です。

開発環境において、IT 管理者は次の内容を行わなくてはなりません。
  • まだ本番環境に移行していないアプリを見つけ出す - 放棄されたアプリである可能性があります
  • 60 日以上更新されていないアプリを見直す
  • 整理された開発環境を保つため、そうしたアプリのアーカイブ化を検討する
本番環境で稼働中のアプリでも、開発環境にはコピーが残っています。開発環境ではバグ修正や機能強化が可能であるため、IT 管理者はそのようなアプリをアーカイブしてはなりません。

本番環境では、IT 管理者は次の内容の発生を避けましょう。
  • アプリのスプロール
  • パフォーマンスの問題
廃止の有力候補となり得る使用率の低いアプリを見つけ出すことで、アプリのスプロールを避けやすくなります。また、同じ問題への対策に用いられる、単一アプリへの統合の可能性を持った複数のアプリを見つけ出すのも、同じく有用です。

パフォーマンスの問題を避けるため、IT 管理者は次のようなアプリを見直す必要があります。
  • 性能の低いアプリ
  • 使用率が特定の期間のみ高く、それ以外は低いアプリ
  • インシデントの数が多いアプリ
こうしたアプリは、プロの開発者が最適化することでパフォーマンスが改善することがあります。あるいは IT 管理者が、使用率の高い期間に対応するため、自動化されたジョブのスケジュールを調整することも可能です。
Novant and ServiceNow.

開発能力が 40% 向上

Novant Health 社が、大幅な ROI 向上を実現した優秀な市民開発プログラムをいかにして立ち上げたのかについての詳細をご確認ください。

Build a ServiceNow Center of Excellence.

エクセレンスの力で一段上に

ServiceNow のセンターオブエクセレンスおよびイノベーション (CoEI) で、さらなるスピードを手に入れ、リスク管理に取り組みましょう。

Bring new employee experiences to life

エキスパートに相談する

成功への一歩はここから始まります。ServiceNow の力を利用して、市民開発プログラムを構築しましょう。

How CIOs are shaping the future of work

市民開発プログラムのページ

市民開発を始めるのに必要な Now Platform の機能についての詳細をご確認ください。