MORE
Service Automation Platform Icon

ServiceNowソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)

ServiceNowソフトウェア開発ライフサイクルは、スクラム開発またはウォーターフォール開発の作業を管理し、開始から展開までのライフサイクルを通してソフトウェアの開発およびメンテナンスで必要となるタスクを定義します。開発およびオペレーションがアプリケーションとITILプロセス全体でデータを共有し、今後の拡張を決定したり、実際のインシデント、問題、変更に基づいて問題を分析したりします。開発ライフサイクルの可視性が増し、開発チーム全体でレポートされます。

それぞれのバックログを簡単に整理し、
プロジェクトのコンテキスト内でスプリントを計画

ServiceNow Software Development Lifecycle

それぞれのバックログを簡単に整理し、
プロジェクトのコンテキスト内でスプリントを計画

企業にとってのメリット

多くの組織は、ソフトウェア開発とプロジェクトを追跡するためのスタンドアロンツールを複数所有しています。これは、開発者が作成する拡張や修正、開発者が開始したオペレーション、変更のプロセス、インシデントと問題の管理、および本番環境へのソフトウェアの最終展開の間の関連性が失われることにつながります。SDLCでは、このようなワークフローすべてを単一のレコードシステムにまとめることができます。

サービスデリバリを迅速化

チームの速度を向上させ、それぞれについて見積りをすることで、計画の精度を向上させる

バーンダウンチャートと進行状況ボードを使用して、進行状況を更新および追跡する

検出された端末を自動的にCMDB内の既存のCIと一致させる

ServiceNow Stairs

機能と欠陥の管理

リリース計画ボードでソフトウェアリリースに関連するタスクを操作する

ServiceNow構成管理データベース(CMDB)リレーショナルデータを使用して、インシデント、問題、変更をソフトウェア製品にマッピングする

役割に基づくアクセスによって編集と表示を管理する

ServiceNow Products and Solutions

開発機能とビジネスドライバーの連携

組織全体のすべての開発プロジェクトについてレポートする

直観的なインターフェースを使用して、サービスマネジメントと開発プロセス間でシームレスに移行を行う

元のリクエストまたは問題に戻って開発変更を追跡する

ServiceNow Tunnel