SOAR とは?

SOAR (セキュリティオーケストレーション、自動化、対応) は、セキュリティインシデント管理と対応のためのソリューションです。

SOAR (セキュリティオーケストレーション、自動化、対応) では、主に脅威管理、セキュリティ運用の自動化、セキュリティインシデント対応に重点を置きます。SOAR プラットフォームは、人の常時介入を必要とすることなく、インシデントやプロセスを即座に評価、検出、介入、検索できます。

SOAR の機能:

  • 潜在的脅威の優先付け。
  • 潜在的影響の評価。
  • 最も重要な脅威の選別。
  • 以上を踏まえた脅威への対応。

これらの機能の各側面:

  • ベストプラクティスに基づいて強力なセキュリティ基盤を作成するためのセキュリティオーケストレーションと自動化。
  • セキュリティ応答のオーケストレーションと、反復可能で拡張可能なワークフローの確立のためのツールとして使用されるセキュリティインシデント応答プラットフォーム。
  • 脅威を事前に把握し、優先付けを迅速化し、セキュリティ上の脅威を確認した後でインシデントが解決されたことを確認するための脅威情報の利用。
SOAR:セキュリティオーケストレーション、自動化、対応) (Security Orchestration, Automation, and Response)

SIEM (セキュリティ情報とイベント管理) システムは、セキュリティインシデントやイベントデータを含む、セキュリティ関連データを収集、分析、保存します。対象となるデータは、ファイアウォールやネットワークデバイスから、サイバー攻撃を示すパターンまで及びます。SIEM ツールでは、収集されたデータの精度を判断し、重要度の高いデータを選別するために、ある程度の調整と監視が必要なのが一般的です。これには多くの人手を要する可能性があります。SOAR プログラムは多くの場合自動化されており、一般的には、セキュリティイベントが誤検知によるものか、調査が必要な本当のインシデントであるかを判断するのに、エキスパートによる本格的な監視は必要ありません。調査と脅威の緩和に費やす時間を、はるかに効率的で有意義な方法で使うことができます。

セキュリティで成功するには、理想的には SIEM と SOAR を組み合わせます。イベントに関して収集されるデータのサイズとタイプによって大きく異なりますが、大規模な組織は 1 日に最大数百万のアラートを受信する可能性があります。これは SIEM が収集して分析します。しかし、すべてのデータを処理するには数多くのデータ分析が必要です。そこで SOAR を SIEM と組み合わせれば、インシデント対応をはるかに迅速に処理・管理でき、時間と手間のかかる手動によるインシデントの優先順位付けと対応は不要になります。

SOAR は、セキュリティプラットフォームと IT プラットフォームの両方をより広いネットワークに統合することができます。これにより、あらゆる組織とそのセキュリティ運用に大きな柔軟性がもたらされます。セキュリティと効率性を高めながら、中断を最小限に抑えることができます。

どの組織でも、セキュリティ対策を真剣に行う必要があります。セキュリティとネットワークアクティビティに関する情報の増大に苦しみ続けているあらゆる組織にとって、SOAR は実績のあるソリューションです。複数のチームがセキュリティプラットフォームとやり取りする必要がありますが、SOAR は、あらゆるものを一元的で、効率的で、レスポンシブにするうえで役立ちます。

SOAR はワークフローの構築と業務の効率化に役立つ

オーケストレーションレイヤーは、最も一般的なユースケースとテクノロジーのプラグインを実装し、事前に構築されたワークフローを提供することでうまくいく可能性が高まります。次に IT プロセスとセキュリティワークフローを自動化し、自社のテクノロジースタックを接続してコラボレーションをしやすくすることができます。オーケストレーションを追加したり、ワークフローをカスタマイズしたりする必要が生じるかもしれませんが、簡単にアクセスでき、プロセスを合理化するのに役立つ多くのテンプレートとビルディングブロックが用意されています。

SOAR は柔軟性、拡張性、コラボレーションを向上させる

SOAR ソリューションは、テンプレート化されたユースケースワークフローを自社のプロセスに適合させたり、新しいワークフローを簡単に構築したりできる柔軟性を備えています。企業間、チーム間、企業全体でのコラボレーション機能もあり、現行および新規のワークフローのカスタマイズと開発の必要性を促進します。

応答の速度と正確性を向上させる

SOAR ソリューションは、事前に計画されたルールとカスタムルールの両方に基づいた自動化を使用して、常に情報を収集し、インシデントに優先順位を付けます。この常時警戒アプローチは、インシデントの評価と優先順位付けをより迅速で正確なものとし、ある脅威の根拠が確かなものかどうかを確認するために利用できるため、セキュリティチームは最も重要な脅威に集中できます。

分析業務の満足度を高める

繰り返しの作業や絶えずデータをチェックする作業は単調になりがちです。このような日常の作業を自動化すれば、スピードとチームの士気を高めることができます。その結果従業員は、最も影響の大きな脅威のみに集中して、イノベーションとオーケストレーションにより多くの時間を使うことができるようになります。

時間管理と生産性を向上させる

SOAR を使用して脅威に自動で対応することで時間を解放できます。その結果従業員は、アラートを詳しく調べて対応すべきアラートを決めていた時間に、優先度の高い作業に集中できるようになります。

効果的にインシデントを管理する

SOAR テクノロジーは、脅威や脆弱性への対応時間を短縮し、対応の精度を高めることができます。このマシンとデータ駆動型のワークフローは、関連データの欠落、誤った分析、誤検知などの人的エラーの可能性を大幅に減らします。

間違いが発生しやすい反復作業を自動化する

SOAR ソリューションは、セキュリティをより自動化し、手動による作業を減らします。これにより、継続的に収集されるアラートやデータを常に確認するといった、繰り返しの作業をなくすことができます。繰り返しの作業と定期的な人の介入は、人的エラーの可能性を高めます。プログラムを自動化すれば、特に単調なタスクがなくなるので、エラーを大幅に減らすことができます。

運用チーム間のコラボレーションを簡素化する

多くの場合、効果的なインシデント対応には複数のプロセスとチームが必要です。SOAR はプロセスを効率化して、チームがコラボレーションを行うための一元的でアクセスしやすい領域を生み出します。