DevSecOps とは?

Development Security Operations は、DevOps チームによって開発されるアプリケーションライフサイクルの各ステージにセキュリティプラクティスを実装する働きをします。

Development Security Operations は、開発運用 (DevOps) への追加であり、DevOps プログラム内のアプリケーション開発と展開のサイクルにセキュリティプラクティスを実装することを目的としています。

Security は、以前は分離されたプロセスを持つ分離されたチームの一部であり、アプリケーションの開発において統合された役割を果たしていませんでした。 DevSecOps サイクルでは、迅速な開発の 3 つの側面すべてを統合し、3 つの重要なステップすべてを含めることができます。

DevOps とは?

DevSecOps の背後にある 3 つの異なる意味を示す図

DevSecOps と従来のソフトウェア開発の違い

ソフトウェアは従来より、セキュリティと品質保証の別々のチームによる一連のテストを経る必要があったため、ソフトウェア開発には長い期間が必要でした。それが原因で、サイロ化が起こり、リリースまでの時間が長くなっていました。

最新のソフトウェア開発は、クラウドベースのシステム内の小規模なロールアウトで機能します。 コードがより迅速に、通常は自動化された方法でロールアウトされるようになるにつれて、Agile 開発プラクティスがより一般的になりました。 企企業は、新しいプロセスとツールの使用により、より迅速なイノベーションが可能になります。

DevOps は、新しいクラウドロールアウト機能を受けて開発されましたが、セキュリティはこのプロセスから除外されることがよくありました。 DevSecOps では、より高いレベルの継続的な開発サイクル内でセキュリティテストを実装することにより、このプロセスを修正します。

DevSecOps 環境で対応できる内容は次の通りです。

  • 開発チームが実施するセキュリティテスト
  • 開発チームによるセキュリティテスト段階で見つかった問題の管理
  • 開発チームによって見つかった問題を修正
DevOps と DevSecOps の違いを示す図解

Agile と DevSecOps の違いの把握 (事業の観点から)

企業は、Agile と DevSecOps の両方を実装するのが理想的です。 この 2 つは互いに独立して機能しますが、DevSecOps はほとんどあらゆる環境に実装できます。

Agile は、部門の機能と製品の開発方法に文化的な変革を必要とするプロジェクト管理の考え方であり、 組織内の迅速な開発とシーケンスに依存しています。 DevOps も同様に文化的な変革を必要とします。 どちらも、できる限り効果的な方法でプロジェクトを計画、設計、およびロールアウトするために、開発と運用のコラボレーションを求めながら、頻繁に何かを提供できる仕組みに重点を置いています。

  • DevSecOps には、継続的デリバリーやデータ連携などの無駄のないコラボレーションプロセスも組み込まれています。 このプロセスには、バージョン管理、テストの自動化、連続的な低リスクリリース、頻繁なコードレビューが必要です。 サイクルタイムは短縮する傾向にあるため、このようなテストにより、企業は理想的な収益と ROI を得ることができます。そして、サイロ化を減らし、新製品のバグの削減につながるテストを作成できます。

DevSecOps は、最終的には、セキュリティと開発の統合を成功させることを目的としています。 チームの目標には、業界の変化に対するアジリティと適応性、クラウド統合機能を入れるとともに、企業がこれらの目標を達成するのに役立つ単一のシステムに開発、セキュリティ、運用を融合する詳細な手順も含める必要があります。

DevSecOps には、次のような面があります。

  • 継続的なデータ連携/継続的デリバリー (CI/CD):社内での製品とサービスの迅速で安全なデリバリー。
  • コードとしてのインフラストラクチャ:コンピューティングリソースは、変更に対して応答性と弾力性があります。
  • 監視:セキュリティのさまざまな面があらゆる段階で綿密に監視されます。
  • ログ記録:すべてのセキュリティイベントが細部までログに記録されます。
  • マイクロサービス:大規模なシステムをより小さく、より管理しやすいコンポーネントに縮小します。
  • コミュニケーション:統合されたチームは互いに簡単にコミュニケーションを取ることができるため、プロセスの各ステップを適切に管理し、プロセスの必要なステップを見逃さないように注意深く確認できます。

DevOps セキュリティの自動化

コンテナレジストリ、CI/CD、リリース自動化、ソース管理リポジトリ、運用管理と監視、API 管理など、運用と開発環境全体を考慮する必要があります。 組織は Agile 開発サイクルを採用することで、新しいセキュリティ対策とより強力な製品の開発に役立ててきました。

コンテナおよびマイクロサービスのために構築された DevOps セキュリティ

コンテナにより、動的でより優れたスケーラビリティを備えるインフラストラクチャが可能になりました。 DevSecOps は、プラクティスをコンテナ固有のセキュリティに合わせる必要があります。 クラウドネイティブなテクノロジーは厳密なセキュリティチェックリストに完全には準拠していないため、セキュリティを開発ライフサイクルの各段階で慎重に実装する必要があります。 CI/CD プラクティスだけでなく、環境を保護するために、アプリケーション開発のすべてのレベルにセキュリティを組み込む必要があります。

IT、クラウドコンピューティングおよびアプリケーションには常に新しい開発があります。 DevSecOps 戦略は、コンプライアンスを維持し、必要な変更に絶えず適応しながら、企業の競争力とアジリティを維持できます。 通常、アプリケーション起動の直前または直後にセキュリティ環境の構成に費やす時間が長くなり、途中でセキュリティに対応していないチーム環境との間で相乗効果の問題が発生する可能性があります。 チーム間のコラボレーションは、より効率的な職場を作り出すことができ、それは企業にとってますます必要になっています。

開発プロセスに実装できる明確なセキュリティ目標が最初からあれば、コーディング、テストガイドライン、暗号化、安全な API、および状態分析と動的分析の手順を確実に最適化できます。 チームは、開発プロセス中にセキュリティに習熟します。これは、ある種のセキュリティインシデント対応が必要な場合に、セキュリティの問題を特定するのに役立ちます。 その他のメリットとして次のようなものがあります。

  • セキュリティの変化への迅速な対応:イノベーションをより迅速に提供できるため、市場に早く参入する機会が得られます。
  • チーム間のコラボレーション:グループは、タスクの所有、クロストレーニング、およびタスクの引き継ぎに発生する時間の短縮をより求められるようになります。
  • より早期の脆弱性の検出:開発中のあらゆる段階にセキュリティを実装することにより、あらゆる段階でのセキュリティ対策がより強力な検出を実現します。
  • 自動化により、より複雑で価値のあるタスクのために時間を解放。
  • チームのスピードとアジリティの向上。

開発者は、外部のセキュリティ専門家やベンダーに相談することなくセキュリティの問題を修正できるスキルを習得することが重要です。 そして、混乱が生じ、チームの円滑な相乗効果が妨げられる可能性がある責任の衝突や重複を防ぐために、すべてのレベルで経営陣の同意を得る必要があります。

DevSecOps テストおよびツール

チームがセキュリティ方針を満たすために断片化されたツールをまとめることは難しい場合があります。 従来のセキュリティベンダーは、開発者が必要とする柔軟性と使いやすさ、CISO とセキュリティチームが必要とする分析およびレポート機能など、DevSecOps のニーズにアピールするように製品を変更しました。

DevSecOps を実装するためのベストプラクティス

企業では、CI/CD パイプラインの一面としての自動スキャンの実装が増えています。 ただし、セキュリティ債務、つまり開発者が修正することを選択しなかった脆弱性の数により、 CI/CD の結果がそれほど明白にならない場合があります。 DevSecOps への変更を実装することにより、特にコードの手動テストと自動テストの組み合わせで、既存の脆弱性が飛躍的に減少するはずです。

DevSecOps 文化のサポート

企業は、Agile 手法と DevSecOps を実装することで、より優れた製品を提供できるようになります。 不必要なサイロをなくし、開発、セキュリティ、および運用のエンジニアリングを推進するために、すべてのレベルで経営陣の同意が必要です。 企業は時間をかけてトップレベルでワークフローを構築し、それを絞り込んで、より大きな組織目標の一部となる、より優れた DevSecOps システムを形成するのに役立てる必要があります。

チームメンバーは、取り組みの最初からすべての段階の DevSecOps に関与する必要があります。 これにより、処理中の作業を制限し、デリバリーを改善し、機能停止を管理し、コンプライアンスガイドラインの範囲内で作業する機能が強化されます。

セキュリティ運用の開始

脅威をより迅速に特定し、優先順位付けをした上で対応します。