環境、社会、ガバナンス (ESG) とは?

環境、社会、ガバナンス (ESG) で重要なのは、ビジネスの成長を推進しながらも、世界をより持続可能で平等、また道義的にすることです。

環境、社会、ガバナンスは、企業の持続可能性、倫理観、社会への影響度を測定する際の中心的な 3 つのファクターです。ESG ファクターは財務に関連するとは限りませんが、企業とその ROI の長期的なリスクにおいて大きな役割を果たします。簡単に言うと、ESG ファクターを組み込んでいる企業はリスクがより低く、成功する可能性がより高くなります。

環境

気候変動など、世界を変える可能性のある環境問題の実情が報道されるようになり、持続可能性に対する企業の取り組みはますます重要になっています。ESG の環境ファクターとは、ゴミ、汚染、資源の枯渇、温室効果ガス排出、気候変動、森林破壊に対する企業の影響度を指します。

社会

企業は、その製品、サービス、ロゴにとどまらず、共通の目標に向かって励む人々の集団でもあります。したがって、投資家は、従業員の処遇や、健康、安全、雇用の基準に準拠しているかどうかで、全体的な品質とリスクを評価します。ESG の社会ファクターには、従業員とのつながり、地域コミュニティ、健康、安全、紛争、多様性などがあります。

ガバナンス

ESG の中心には、企業は自らの影響に責任を負わなければならないという考え方があります。ガバナンスはこの考え方における重要なファクターであり、企業が自らをどの程度統治しているかを検証するものです。ガバナンスでは、役員報酬、寄付、政治的ロビー活動、税務戦略、取締役の多様性、構造、汚職、賄賂などの問題を注視します。適切なガバナンスは、問題をさまざまなレベルの利害関係者間で調整して、継続的な成長と長期戦略を支持することに役立ちます。

環境、社会、ガバナンス

国際連合の持続可能な開発目標 (SDGs) は、国連加盟国によってまとめられた 17 の目標で、地球上の人類の平和と繁栄を実現するために目指すべき一連の課題のことです。規模や業種に関係なく、あらゆる企業が SDGs に貢献できます。

企業が自らの責任を果たし、社会的な課題を解決する機会を追求すると、気候の危機、貧困、不平等、飢餓などの問題の解決策を提供できます。このような民間セクターから起きるイノベーションの市場は拡大しています。企業が責任を持って行動し、環境と社会にとって良い実践を推進することを選択した場合、消費者や地球にとってのメリットは計り知れないものがあります。

ESG が企業にとって良い理由

2019 年に国連グローバルコンパクトが世界中の CEO 1,000 人以上に対して実施した調査によると、87% が「SDGs は持続可能な価値の創造に対するアプローチを見直す機会を提供すると思う」と回答しました。CEO の 70% は「SDGs が持続可能性の取り組みを構築するための明確なフレームワークを提供している」と考えています。

ESG は投資哲学にもなり、一連のコアバリューにもなります。持続可能な企業は利益を得て、社会を築きます。ESG は責任ある成長への投資なのです。

ESG 基準に対する新たな見方

投資家から見ると、ESG の明白な負の面は、投資先の企業が制限されるため、投資家の潜在的利益も制限されることです。少し前までは、ESG に配慮しない投資家はしばしば、幅広い投資の機会から選択でき、環境、社会、ガバナンスの自己精査によって妨げられないビジネスに投資して大きな利益を得ていました。

しかし潮目が変わり始め、ESG 基準に従う利点が明らかになりつつあります。慣行や倫理上の懸念の他に、ESG 基準に従うと、ESG 基準の慣行に準拠していないために発生するリスクファクターや評判の低下を避けることもできます。たとえば企業が ESG の社会標準に従うと、非倫理的な雇用や管理プロセスに関連するスキャンダルに巻き込まれる可能性が低下します。投資会社は ESG を低リスクの指標と見なし始めているため、ESG を考慮した慣行に移行した企業は多くの支持を得ます。

ESG 投資が増加中

今後数年は、企業が政府、顧客、投資家からの強化された監視に直面することは明らかです。ESG の標準を促進しない企業は、政府の規制や消費者や投資家の拒否という点で、ペナルティを科されるでしょう。つまり公衆と政府の価値観は持続可能性と社会について企業の説明責任を重視するようになり、ESG はあらゆる業種と関連が深くなっていきます。

ESG 投資によるリスク緩和

ESG について議論する場合は、リスクの 2 つのカテゴリである、直接的なリスク (気候変動などの環境の考慮事項) と間接的なリスク (ブランドの評判、投資家のロイヤルティなど) を考慮すべきであることを忘れてはなりません。この点を念頭に置くと、各 ESG ファクターの主要な投資リスクは次のようになります。

環境

気候変動などの環境問題は増大しています。これらの問題に地球規模ですぐに対処しないと、政府、経済、そして個々の企業にとって重大な影響が発生するかもしれません。環境に責任を持つ取り組みをしている企業の方が、課題をより上手く乗り切ることができ、投資家にとっては安定性が増します。

社会

満足していて積極的に参加する従業員がビジネスの成長推進に貢献するのは、当然のことです。逆もまた真なりで、不満を持っている従業員はパフォーマンスが低く、企業の収益に悪影響を与えます。しかし従業員満足度はパーテーションで区切られた仕事場以外にも及びます。高い標準に従って従業員を処遇し、サポートしている企業は、優秀な人材を簡単につなぎとめることができ、たとえ勤務時間外であっても従業員はブランドのアンバサダーになりたがります。このようなことから、全体として、企業の投資リスクは低下します。

ガバナンス

ガバナンスは、企業自体の社内の働き方を詳細に示します。ガバナンスの標準が高い企業は、投資家に明らかな危険信号とみなされる違法な慣行に関わらなくて済みます。しかしガバナンスは、この他に、正確で透明性の高い財務プロセスも促進します。株主に権利を割り当て、利益相反に関連したリスクをなくすことができます。ガバナンスは基本的に、あらゆるレベルでの倫理的な慣行を確実に実施して、企業とその投資家を管理の不行き届きに関連したペナルティやリスクから守ります。

重要なことは、ESG が個別の独立したニッチな問題ではなく、リサイクル可能な製品を構築することや、内部と外部の目標に合っているか監視できるようにプロセスを設計するなど、ビジネスの方法に根本的に影響するということです。これらすべてが作用することで、従業員、プロセス、テクノロジーが一体となったシステムを使用して課題に効果的にアプローチするためのフレームワークを形成でき、ESG を全体的な戦略、リスク、ガバナンスプログラムの重要なコンポーネントとして効果的に組み込むことができます。そしてそれが、投資家のリスク緩和を意味します。

より平等で倫理的、持続可能な世界を作ることは、誰もが共有する責任であることを、ServiceNow は理解しています。これを原動力にして、ServiceNow は世界をより良くする従業員、顧客、コミュニティの支援に取り組んでいます。私たちが良い影響を与えるだけではなく、良い影響を与える他の人々も手助けしたいと考えています。

私たちの取り組みは単なるリップサービスではありません。ServiceNow は時間、人材、リソースを提供して従業員をサポートしています。従業員の寄付には ServiceNow が同額を上乗せし、500 万ドル以上の社会的な貢献を行い、2,500 以上の慈善目的をサポートしてきました。

ServiceNow は環境への影響も再評価し、クリーンエネルギーを優先し、炭素集約度と排出量全体を削減する方法を模索しています。この目標に向けて、持続可能なサプライチェーンを構築し、企業の IT とデータセンターの不要になった機器を再利用してリサイクルするための作業プロセスを開発しました。また当社の賃貸オフィススペースすべてでは、常に LEED 認証 (または地域の同等の認証) を受けたビルを優先的に使用しています。

寄付と持続可能性だけでは世界を良くすることはできません。このため ServiceNow は「個人」の向上と支援にも取り組んでいます。当社のデジタルリテラシープログラムは、将来デジタルワークに携わる人材が成功するために必要なスキルとリソースを提供し、数十年先に向けて良い影響を与え続けています。

ServiceNow と ESG の詳細をご紹介します。一緒にやるべきことを行動に移しましょう。

ESG を利用したワークフローでより良い世界を実現

ワークフローは単に仕事を変革させるだけではありません。従業員とテクノロジーの力を結集し、成果の向上、つまり安全な職場、クリーンな地球、公正な社会を実現します。