ソリューション

  • 製品
  • ユースケース
  • 業種
  • e ブック
  • イノベーションのための 3 つの戦略
  • 人工知能によってカスタマー エクスペリエンスを変革する方法を学びます。
  • e ブック
  • トランスフォーメーションへの 5 つのステップ
  • 予防型かつ接続されたクライアント エクスペリエンスはファイナンシャル サービスにとって重要です。

プラットフォーム

  • レポート
  • Gartner: ServiceNow をリーダーとして指名
  • 2018 年度マジッククアドラント エンタープライズ高性能アプリケーション PaaS

お客様

  • お客様成功事例
  • チャンピオンが必要です!
  • 弊社のツールとリソースを使用して、組織内でより効果的に ServiceNow を浸透させてください。

さらに詳細を確認する

  • イベント
  • Knowledge 2019
  • 5 月 5 ~ 9 日にラスベガスで開催されるイベントで、働き方を次のステージへとレベルアップさせましょう。

Problem Management

Problem Management

ServiceNow® Problem Management は、ITIL による確実なプラクティスにより、サービスの中断によるビジネスへの影響を最小限に抑える、または将来の中断低減といった企業の取り組みをサポートします。       トレンドおよび根本原因分析、サービス構成レビュー、ドキュメントソリューションと回避策を実行し、問題を修復するに従って利害関係者に情報を提供し続けてください。           あらゆる問題記録からプロアクティブに変更をスケジューリングし、インシデントから問題、変更へのライフサイクルを IT 全体で効率化してください。  

メリット

サービスの中断を縮小:サービスパフォーマンスのトレンドや設定を事前に分析します

サービス回復を加速:既存のエラーや全ての IT スタッフが利用できるワークアラウンドを発行します

問題の根本原因を迅速に解決:構造的な問題分析を用いて、問題を最近のサービスアクティビティと関連づけます

アプリケーションの特長

ServiceNow CMDB により、障害の可能性を特定し、根本原因を分析

ServiceNow CMDB により、障害の可能性を特定し、根本原因を分析

ServiceNow CMDB により、障害の可能性を特定し、根本原因を分析

ナレッジベースで既知のエラーを公開し、回避策を文書化

ナレッジベースで既知のエラーを公開し、回避策を文書化

ナレッジベースで既知のエラーを公開し、回避策を文書化

Performance Analytics は、パフォーマンストレンドに対する深いインサイトを提供

Performance Analytics は、パフォーマンストレンドに対する深いインサイトを提供

Performance Analytics は、パフォーマンストレンドに対する深いインサイトを提供

機能の詳細

すべて
  • 構成管理データベース(CMDB)

    構成アイテム(CI)関係マップを定期的にレビューし、ビルトインのデータ認定を使用して ServiceNow CMDB の正確性を確保することで、潜在的な障害箇所を検索して対応します。サービス関係およびCIヘルスに右クリックでアクセスし、問題の影響および考えられる原因を特定します。   

  • ナレッジベース

    ナレッジベースにソリューションとワークアラウンドを発行し、解決時間を短縮し、サービスの中断を最小化、事業に対する問題の影響を最小限にします。  問題解決の時間と労力を削減し、インシデントの再発を根源から停止します。         既知のエラーをドキュメント化するとき、1 回クリックすると、ナレッジのテンプレートに基づいて、既知のエラーに関する記事が生成されます。

  • 修復計画

    根源からサービスの停止を予防するツールにより、IT 部門は、インシデントの再発から将来的なサービス停止を低減することが可能です。        ServiceNow Change Management により、修繕計画をスケジューリングすることで、IT 部門は、エラーを完全に除去することが可能です。   

  • コーチングアセスメント

    問題管理プロセスにおける重要な瞬間をリアルタイムにモニタリングします。  更なる問題の原因となったりサービス回復を遅延させたりする可能性のあるミスがあった場合に迅速に介入して修正します。 

  • ベストプラクティス

    すぐに利用可能なプロセスのベストプラクティスにより、新規、評価、根本原因分析、進行中修正、解決、終結の 6 つの状態で問題のサポートと管理を簡単に行うことができます。問題を利用すると、ワークアラウンド、根本原因、修正を文書化できます。問題を検索してリンクしながら、インシデントを処理できます。

  • 自動通知

    透明性を高め、自動化されたサブスクリプションベースの通知によりアップデートを全てのサービス継続者に提供することで効果的にコラボレーション。メールによって、またはインスタンス内で、通知をプッシュできます。 

  • Reports and Dashboards

    構成可能なロールベースのダッシュボードによって、問題管理者と問題コーディネーターのロールのために、オペレーションのリアルタイムの透明性を実現します。ビルトインのレポートとServiceNow Performance Analyticsを使用して、異常なパターンと傾向が問題となる前に特定して修復します。 

リソース

Problem Management は以下の一部です…

IT サービスマネジメント

断片化された従来のツールを統合し、IT サービスをエンドツーエンドで変革します。

ありがとうございました

Thank you for submitting your request. A ServiceNow representative will be in contact within 48 hours.

form close button

お問い合わせ

ServiceNowのイベント情報、製品情報、サービスについての最新情報を受け取る ※配信停止のご依頼はいつでも承っております.

  • 本イベントへの登録を以って、個人情報保護方針に同意する.