ネットワークオペレーションセンター (NOC) とは?

ネットワークオペレーションセンター (NOC) とは、IT スタッフがリモートからソフトウェアの監視と管理を行い、マネージドサービスを推進する一元的な場所のことです。

パッチ管理

ソフトウェアはプロバイダーによって絶えず更新されているため、サポートなしでネットワークを最新の状態に保つのは大変な作業です。NOC でパッチ管理を実行すると、重要なパッチを適用してすべてのソフトウェアとデバイスを最新の状態に維持することができ、それぞれを別個に管理する必要はありません。

ウイルス対策のサポート

ウイルスがネットワークに侵入するのを阻止しようとしてソフトウェアを導入していても、必ずしもすべてのソフトウェアが 100% 効果を発揮できるわけではありません。NOC はプログラムをサポートし、ウイルスがネットワークに侵入できないようにします。

ネットワークオペレーションセンターの各種コンポーネントを示すグラフ。

ネットワークに接続したデバイスへのインストール、更新、トラブルシューティング

NOC では、ネットワークに接続したシステム上でソフトウェアの更新、トラブルシューティング、インストールを容易に実行できます。企業はハードウェアのアップグレードや交換を頻繁に行いますが、NOC を利用すると、ハードウェアごとのトラブルシューティングやインストール、会社情報の更新などを手動で実行しなくて済みます。また、NOC は新旧両方のマシンに対して、ネットワーク内の問題の特定や、ソフトウェアの更新、新規ソフトウェアのインストールを行うための設定の調整も行います。

ファイアウォールとネットワークセキュリティソフトウェアの監視と管理

セキュリティはビジネス上の非常に重大な側面の 1 つです。NOC のソフトウェアは、ネットワークセキュリティインフラストラクチャを強化するように設計されています。

ネットワークに対する外部からの攻撃を見つけ出して分析

企業にとって脅威となる攻撃は数え切れないほどあり、絶えず新たな攻撃が生まれています。ネットワーク上の攻撃を特定することは不可欠です。NOC は、ネットワークを攻撃しようとする脅威を検出し、防御を講じて損害を未然に防ぐために適しています。

ネットワークのパフォーマンス、最適化、健全性に関するレポートの作成

NOC は、企業ネットワークの健全性を監視するように特別に設計されています。このために、レポートを生成して、ネットワークパフォーマンスの状況、ネットワーク全体の健全性、ネットワーク最適化の可能性を企業に提示します。

ネットワークデバイスに保存されたデータのバックアップ

ネットワークに保存されたデータは、破損することがあります。ネットワークのデータが破損した場合や侵害された場合に、重要なデータの迅速、簡単なバックアップを確実に行えるように、NOC がデータをバックアップします。

ダウンタイムの短縮

NOC は常時監視により ID を即座に検索でき、NOC チームは、すべてのシステムが正常に稼働していることを常に確認しています。対象には、企業の Web サイトや顧客の懸念事項も含まれます。

セキュリティ管理の向上

NOC は、企業のセキュリティ方針に従ってサーバーとデバイスのセキュリティを管理します。デバイスには、RADIUS サーバーと TACACS サーバー、ファイアウォール、ルーター、スイッチなどがあります。インターネットセキュリティ、ダイヤルアップ接続のセキュリティ、パスワードの割り当て、ポリシーの変更、コミュニティ文字列も管理対象に含まれています。

即座のインシデント応答

リモートスタッフはインシデントを監視して、問題が発生した場合に直ちに通知を受けることができます。

時間と労力の削減

情報の収集、アプリケーションの調査、リスクの検証などのタスクをネットワークオペレーションセンターに委託することができます。したがって NOC には委託できない複雑なタスクの処理に、IT チームの時間を振り向けることができます。

運用コストの削減

IT チームは会社内で最もコストのかかる部門になりやすいものです。スタッフの増員が必要になるようなタスクをネットワークオペレーションセンターで行うことで、IT 部門の規模を縮小できます。

ネットワーク攻撃の防御

NOC は、ネットワークへの攻撃に対する最大限のセキュリティプロファイルを提供します。規模にかかわらず、すべての企業は脆弱になり攻撃を受ける可能性があります。適切な手法を適用して、可能な限り最高のセキュリティ対策を講じることが不可欠です。

ネットワークの常時監視によるサポートの強化

監視を常時自動化するのではなく、エンジニアによってネットワークを監視することをお勧めします。機能停止や障害を検知するために、スキルを持つスタッフが NOC のテクノロジーを活用して、効率的にネットワークを監視できます。

専門家によるリスク緩和

高度なトレーニングを受けた高いスキルのエンジニアが毎日対応し、すべてのネットワークが機能し、攻撃やウイルスから保護されていることを確認します。

高い品質を備えたインフラストラクチャ

優れたパフォーマンスを発揮するためには、インフラストラクチャの品質が高いことが重要です。NOC のサービスが優れているのは、ハードウェア、ソフトウェア、その他のツールにおける最新のイノベーションによって、効果的なソリューションを提供しているからです。

リアルタイムのレポート

NOC のサービスにはネットワークインフラストラクチャのソリューションが多数用意されているため、リアルタイムに監視してオンデマンドでレポートを生成できます。

ニーズに応じてカスタマイズ可能なオプション

NOC は、各企業特有のビジネス要件に基づいて、個々のサービスを提供します。

コンピューター

NOC スペシャリストは、数百台、時には数百万台ものサーバーで構成されたネットワークを管理して監視します。

通信事業者

企業のネットワークに影響する通信回線のアラート、パフォーマンスの問題、停電への対処は、NOC の重要な業務です。

衛星

NOC で働くエンジニアたちは、音声とビデオのデータを大量に処理する衛星ネットワーク環境を監視する必要があります。

インシデントの処理

NOC のエンジニアたちは、ネットワークの問題に関するインシデントや苦情を処理します。また、NOC の業務に関連して、更新、レポート、新しい注文などの要求も監督します。

エスカレーション

標準的なトラブルシューティングでうまくいかず、エスカレーションされた問題に迅速な対処が必要な場合、通常は、シフトの監督者や NOC のエンジニアがエスカレーションを監督します。

優先順位付け

優先順位付けは、シフトの監督者が処理します。チケットとインシデントを監視し、重要度と優先順位に応じて割り当てを行い、最も重要なタスクを期限内に確実に完了させます。

ネットワークオペレーションセンターは、バックエンドのメンテナンス、サポート、問題の解決を実行し、顧客と企業のアップタイムを確保します。ヘルプデスクはエンドユーザーに対応し、問題を抱えている顧客の現場で発生した質問に回答します。NOC がやり取りする相手は MSP で、ヘルプデスクがやり取りする相手はエンドユーザーです。

セキュリティオペレーションセンター (SOC) と NOC はどちらも MSP と協力して、IT に関連した問題に対処します。エンドユーザーには対応しません。NOC の業務は、SLA を満たし、アップタイムを継続できるように、顧客や企業のネットワーク環境を監視してメンテナンスを実行することです。SOC は、セキュリティを重視していて、脆弱性、新たな脅威、例外、攻撃ベクトルを監視します。

ナレッジの一元管理

ナレッジベースは、ドキュメントと情報すべてを一元管理する場所であり、チームメンバーは誰でも常にアクセスできます。ナレッジセンターを一元管理して最新の状態に維持していると、関連性の高い情報を 1 か所に保存し、重要なインシデントデータを保持して、繰り返し発生する問題から受ける損害を回避するのに役立てることができます。

チケットシステムによるトラッキング

チケットシステムは、すべての問題を追跡し、緊急性と重大度を示し、責任を割り当てます。問題が起きると、その問題を説明するチケットが切られます。これにより問題を処理し、適切な部門に割り当てることができます。部門や個人が割り当てられたタスクを完了できない場合は、次のレベルに移行できます。

レポートを利用したインシデントの測定と改善

レポートは、日次と月次で作成することが重要です。日次レポートには過去 24 時間の内容を記載します。重大なインシデントは、発生するたびに、その時点でレポートに記載します。解決されたインシデントがあれば、その根本原因も記載する必要があります。このようなレポートは、NOC のアクティビティや発生した大きな問題を理解するのに役立ち、対処が必要な傾向に関する情報も提供してくれます。

2 つの監視タイプ

インフラストラクチャの監視
ネットワーク、サーバー、データセンターが一体となってインフラストラクチャの環境を構成し、脅威を早期に検出して解決することにより、システムを保護します。

ユーザーエクスペリエンスの監視
ユーザーのアクティビティや行動をシミュレーションすると、問題を再現して、解決策を見極めることができます。この方法を取れば、問題が実際に発生したときに修正できるばかりでなく、将来起きる可能性のある問題の解決策を立てておくことができます。

IT プロセスの自動化

NOC は、反復的な日常のタスクを自動化できます。IT チームの時間を空けて、ディスクスペースのクリーンアップや、パスワードのリセット、リスタートサービスの処理などに対処できるようにします。

顧客との対話

NOC の技術者は、顧客とやり取りして、問題や不要な NOC の更新を追跡します。

エンドユーザーのインシデントと機能停止に関する自動化されたレポート

技術者は NOC を監視する必要があります。NOC を利用しているすべての企業がユーザーと機能停止に関するレポートをタイムリーに確実に受信するようにして、ネットワークを保護し、問題が起きないようにします。

適切な DNS、ファイアウォール、サーバーの構成、IP スイッチング、VPN を確保する

NOC は多数のサービスを提供します。NOC が適切に稼働し、企業のニーズを満たすようにすることが技術者とエンジニアの仕事です。

アラームやアラートへの対応

すべての NOC には、監視中のスタッフが従わなければならない標準運用手順があります。シフト中に発動されたすべてのアラームには、標準運用手順に基づいて対応する必要があります。

プロトコルと LAN/WAN の管理

NOC の技術者は、企業 LAN/WAN インフラストラクチャのプロトコルを監視して、すべてが円滑に稼働し、企業側で誤用が発生しないようにする必要があります。

24 時間 365 日の予防的な監視オペレーション

セキュリティとバックアップを 24 時間 365 日提供し、企業のネットワークの常時稼働を確保することは、NOC の職務です。

ルーティングの実装、メンテナンス、修復

必要に応じて新しいデータルートを追加し、最新のデータルートを適切に維持することは、NOC の基本的な職務の 1 つです。問題が発生したルートの修復を行う必要もあります。

トラブルチケットシステムの管理

企業はトラブルシューティングチケットを NOC に送信できます。チケットに対応し、タイムリーに解決することは、技術者の職務です。

トラブルシューティングとネットワークの機能停止

ネットワークは機能停止に陥ることがあります。ネットワーク機能停止のトラブルシューティングを実行し、再発を防止することは、NOC の職務です。

主要な測定基準に関するレポートの作成

NOC は、サーバーの利用率、アップタイム、帯域幅の使用状況などの情報に関するレポートを取得するために NOC を利用しているすべての企業から、レポートを提供することを求められています。

IP 監視

ネットワークに接続されたすべてのデバイスに IP アドレスがあります。したがって、悪意のあるネットワーク攻撃を防ぐには、IP アドレスの監視が不可欠です。

以下は NOC のベストプラクティスです。

  • すべての問題にタイムリーに対処する
  • 問題を分類して適切なエスカレーションを可能にする
  • ネットワークと情報システムを継続的に監視する
  • パフォーマンスレポートを収集して検証する
  • 問題と機能停止を顧客やサードパーティに通知する
  • 企業の手順とポリシーに従ってすべてのアクションを文書化する
  • システムテストとオペレーションのタスクを実行する
  • 複数のチームを 24 時間 365 日サポートする

NOC を活用してビジネスをレベルアップ

ServiceNow の AI 主導のサービスオペレーションを装備した NOC は、発生前に問題を予測し、ユーザーへの影響を防ぐとともに、チームを横断してワークフローを自動化して解決に導くことができます。検出とサービスマッピングによりビジネスコンテキストを可視化できます。さらに Event Management や Health Log Analytics によって Predictive AIOps を強化し、ダウンタイムのリスクを低減します。

ビジネスに合わせて拡張できる機能

ServiceNow で、問題を発生前に予測しましょう。