企業資産管理 (EAM) とは?

企業資産管理 (EAM) とは、資産および設備を管理するサービスとシステムとを統合し、生産性とコスト改善のために資産を活用することです。

企業資産管理

企業資産管理 (EAM) とは、資産と設備を管理するための、システム、サービス、ソフトウェアを統合したものです。 目標は、生産性向上とコスト管理のために資産の利用を最適化することです。 「企業」とは、調達、在庫、人事などの機能の収益をサポートする部門全体の資産を指します。

EAM の理想は、ライフサイクルを通じて資産管理を最適化し、生産性を管理し、運用上の収益を削減することです。 目的は、従業員のスキル、HR タスクおよび資産情報を考慮して、目標や目的の全体像を把握することです。 EAM には通常、資産のメンテナンス、サプライチェーンマネジメントおよび作業管理が含まれます。

EAM とコンピューター化されたメンテナンス管理システム (CMMS) は似通ったものですが、メンテナンス管理プロセスへの集中型アプローチが機能的に異なります。 EAM は資産を管理し、作業指示書、在庫、関連ドキュメント、可能なメンテナンスなど、最初から最後まで資産のパフォーマンスをサポートします。

センサー、車両、機械など、モノのインターネット (IoT) を介して接続されたデバイスは、分析および人工知能 (AI) システムを EAM に組み込むのに役立ちます。 これは、より優れたプラクティス、情報に基づいた決定、より良い効率、および効果的な予防メンテナンスのためのインサイトの収集に役立ちます。

EAM ソフトウェア

一元化された場所から管理可能なクラウドやサービスに移行する組織が増える中、EAM には SaaS サービスを備えたクラウドにおける未来があります。これは資産管理に理想的です。 ストレージオプションとストレージ拡張に柔軟性があるため、クラウドソフトウェアを使用して、データのニーズに簡単に対応できます。

EAM システムは、資産と材料のより優れた計画、実行、追跡、および最適化のために適用される必要があります。 EAM は、コンピューター化されたメンテナンス管理システム (CCMS) と比較されることがありますが、目的が重なるにもかかわらず、これら 2 つの間には明らかな違いがあります。 EAM ソフトウェアは、その全体的視野によって、MRO 材料管理、資産ライフサイクル管理、作業指示管理、サービス契約管理、労務管理、財務管理、および分析を担うことができます。

組織は、運用と収益に不可欠な EAM を使用して、信頼性と品質を含む資産を評価、追跡、最適化、および管理できます。 資産には、フリート、設備、機器、パイプライン、生産と自動化に必要な標準設備など、いくつかの種類があります。 チームがより優れた制御と効率で複雑な環境で作業するのに役立つベストプラクティスがあります。

組織は、特に資産への価値と関心が高まるにつれて、企業資産を管理するためのより良い方法を毎日探しています。 法律や規制には、プライバシーやアクセシビリティの懸念など、資産の管理に関する詳細な要件があります。 資産、そのコスト、所在、文書を考慮しないことは、大きなリスクとなります。このことが、あらゆるレベルのあらゆるタイプの資産管理プラクティスに EAM を適用する大きな誘因となっています。 EAM は、資産が企業の収益と運用上のニーズに適用されるときに、資産に関するリアルタイムのインサイトを収集する機会を企業に提供します。 EAM は次のような機能で組織を支援します。

  • 資産使用率の最大化:IoT および分析ツールは、物理資産の信頼性と寿命を延ばすためのリアルタイムデータを提供し、必要となる可能性のある予防メンテナンスについてレポートします。
  • 老朽化した資産とインフラストラクチャの管理:設備ライフサイクル管理のビジネスプロセスにおけるリスク管理による、より多くの情報に基づいた戦略です。
  • 問題が発生する前に解決:EAM ソフトウェアには、設備メンテナンスの予防対策があり、中断を予測して対応し、運用を継続的かつ安定的に保つことができます。
  • 資産をインテリジェントに監視:データを部門全体で集約して、アラートと意思決定をより合理化できます。 AI を活用した監視により、資産の状態に関するインサイトを得ることができます。
  • 資産情報の一元化:資産の場所を保守管理者に報告でき、重要な資産のワークフローが自動化されてアクセスしやすくなります。
  • メンテナンス管理の向上:資産のトラッキングには、健全性、安全、および環境の複合的な懸念があります。 AI、IoT、および分析により、これらの条件に最適化するメンテナンスを強化できます。
  • 運用アプリケーションの統合:すべての資産を単一のテクノロジーシステムから管理できます。これにより、企業および複数のチーム全体で理想的に機能するようプロセスを標準化します。

資産ライフサイクル管理

すべての資産と関連データを文書化して、変更やレポートのためにアクセスしやすい場所に保存できます。 資産を、資産管理ライフサイクルのすべてのステップに沿って管理できるため、柔軟に活用できます。

企業資産管理 (EAM) の特長と機能を示す図

計画

最大限に機能させ完了するには、作業プロセスを計画およびスケジュールする必要があります。 すべての注文をガントチャートで簡単に表示できれば、リソースをより適切に使用することができます。これは、注文の詳細と対応するニーズのナビゲーションに役立ちます。

作業指示書管理

作業指示書および関連する問題を注意深く追跡および診断し、ニーズを迅速に分析し、作業指示書を適切なチームに引き渡して成果物を作成します。 また、スケジュール設定、資産、関係する従業員と請負業者を監督し、プロセス全体の作業を追跡します。

メンテナンス、修理、運用 (MRO) の資材管理

施設内で部品が自動および手動の両方で適切に管理されるため、資材とその需要をよりよく把握できます。 コストと在庫管理および調達をより適切に監視できる可能性があります。 MRO 管理のフォームには、資材の取り扱い、設備のメンテナンス、工具と消耗品、インフラストラクチャの修理、および本番環境設備の修理が含まれます。

労務管理

従業員と請負業者は、資産管理を担当するときにトレーニング、認定、および評価を受けることができます。 また、必要な作業指示書、メンテナンス、資産との関わりについて追跡を行うことも可能です。

財務管理

作業コストを分析し、プロジェクトの支出と会計を管理するための適切な財務ソフトウェアを見つけます。 EAM システムは、作業指示書、生産コスト、ダウンタイムのコスト、緊急シナリオ、および適切に予測されていないとコストがかかることが多い予防メンテナンスを分析できます。

レポートと分析

資産の問題をより大きな問題に発展する前に発見でき、予防メンテナンスを管理できます。 施設は、施設全体から重要業績評価指標を収集し、レポートを実行し、全体的な分析ビューのためにレポートを分析することにより、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

これらは、メンテナンスと管理における使用度により相互に関連付けられることがよくありますが、CMMS と EAM の間には重要な違いがあります。

CMMS とは

CMMS (コンピューター化されたメンテナンス管理システム) は、資産のサイクル、または設備がアクティブに使用されている時間を通して運用とメンテナンスを主に監視します。 主な機能には、在庫と作業指示書の管理、資産のトラッキング、メンテナンスのスケジュール設定などがあります。

CMMS の中核となるのは、設備と資材にも対応すると同時に、資産とメンテナンスのニーズに関するデータを整理するモデルを備えたデータベースです。 CMMS データベースで次のことが実現できます。

  • 資産レジストリー:シリアル番号、位置、コスト、コード、パフォーマンスに関する統計、ビデオや画像などのドキュメント、可用性、IoT センサーから収集されたデータなどの資産に関する情報を保存します。
  • 予防メンテナンス:異なる管理下にある資産を整理し、必要に応じて、予防メンテナンスをスケジュールします。 メンテナンスの作業指示書は、時間、資産の使用状況、または資産のライフサイクルの事前設定された時間に基づいて自動化できます。
  • レポート:可用性、パフォーマンス、MRO 在庫、メンテナンスのニーズなど、資産から収集された情報を収集、分析、およびレポートします。 レポートには、資産の可用性から人件費と材料費、材料の使用量、サプライヤーの評価まで、あらゆる情報が含まれます。
  • 在庫:在庫とコストを管理し、自動的に再供給し、サプライヤーを管理します。
  • 作業指示書管理:作業指示書の数、説明、種類、原因、関係者および作業指示書に必要な資料など、作業指示書に関する情報を収集します。 作業指示書の管理には、従業員のスケジュール設定、作業指示書のニーズの割り当て、作業指示書のステータスの確認、関連情報またはドキュメントの添付および使用に必要な設備の予約などがあります。

CMMS と EAM の違い

CMMS と EAM はしばしば同じ意味で使用されます。 それらの目標と機能は確かに似ていますが、この 2 つの間には重要な違いがあります。 EAM ソリューションには CMMS 機能が含まれていますが、すべての CMMS ツールに EAM 機能があるわけではありません。EAM システムは CMMS よりも包括的で洗練されたシステムです。 CMMS は小規模企業に適したソリューションである場合が多く、EAM は CMMS 構造が大きくなりすぎた大企業に適しています。 しかし、どちらが適しているかは最終的にはシステムの使用目的と構成する資産によって判断します。

EAM システムは、アプリケーションや場所を超えて、より大きく複雑な資産を処理します。 また、作業指示書、コスト、レポート、および在庫を考慮することができます。 CMMS ソフトウェアは、計画および一部の予防メンテナンスを処理します。この点で、EAM システムは、一元化された CMMS システムから収集された情報に基づく予防メンテナンスまたは分析の推奨に役立つ場合があります (相互に組み合わせて使用されていることが前提)。

EAM は、次のような複数の業界に関連しています。

  • 公益事業とエネルギー:公益事業会社とエネルギー会社からのサービスの送信には、電線や配管などの資産が必要です。これらの資産は、スケジュール設定と地理空間情報に対応させる必要があります。
  • 鉱業および石油:これらの業界では、ワークフローの安全性、コンプライアンス、信頼性、パフォーマンスに重点が置かれています。 EAM を使用した標準化および改善されたメンテナンスプラクティスにより、コストを削減できます。
  • 製造業:EAM は、防衛、電子機器、工業製品、自動車などの製造業の全体的なプロセス管理の一部です。 製品のライフサイクルを追跡し、要件を管理することができます。
  • 輸送:ロジスティクスとサービスは、在庫と資産に関する詳細情報を提供するため、EAM アプリケーションを利用することで最適に機能します。 このような用途には、燃料管理、スペア部品、ベイスケジュール、ドライバーのログ記録などがあります。
  • 原子力:組織は、詳細な状態管理、エスカレーション、電子署名、ワークフローなどの規制をサポートするために、資産を管理する EAM の重要性を強調しています。
  • 医療:EAM は、設備の準備と施設との関係性の管理を支援します。 また、資産の検索、レポートへの準拠、健康情報システムとの統合、施設の状態の監視にも役立ちます。
  • 生命科学:施設、モバイル資産、および設備の監視を支援します。 これは、重要な規制要件を満たすためにも重要です。

可能性を発掘する

ソフトウェアライセンス、ハードウェア資産、クラウドのエンドツーエンドのライフサイクルを 1 つのプラットフォームで自動化します。