バーコード在庫システムとは?

バーコード在庫システムは、ハードウェアとソフトウェアを活用した在庫の数値化、バーコードによる商品の分類と識別を可能にします。

在庫管理の自動化は、ハードウェアとソフトウェアのどちらでも可能です。在庫管理システムは、数値化と分類が可能であれば、衣類から食品まであらゆる商品に対応できます。バーコードは食品や雑貨のレジを自動化するものでしたが、そのテクノロジーが在庫管理でも使われるようになりました。

バーコード在庫システムの機能を示すグラフィック。

在庫管理システムとしての自動化ツールは、ソフトウェアツールとハードウェアツールを組み合わせたもので、在庫の追跡プロセスを効率化します。書籍、衣類、食品など、数えられる商品はすべて、バーコードテクノロジーを使って在庫管理システムで追跡できます。バーコードはアルファベットや数字をコード化できるため、在庫の追跡に便利です。テクノロジーと併用することで、リアルタイムで中央のコンピューターシステムに在庫やトランザクションデータを送ります。

基本的に、ハードウェアや物理的資産、技術的資産など追跡すべきものを所有している企業はすべて、在庫システムに頼ることになるでしょう。バーコード在庫システムは一般に、食料品店で農産物や肉類、個包装の商品などの追跡に使用されています。倉庫でも通常、バーコードを使用して在庫や商品の移動を追跡しています。小売店が店頭でもバックヤードでも在庫を追跡することは、その取り扱い商品の多様さを考えると、きわめて重要です。また、配送業者にとっても、荷物を常に移動させて、その所在を明らかにしておく必要があるため、バーコード在庫システムは必要不可欠です。

バーコード在庫システムは、消費財が対象の場合、商品の品質管理に欠かせません。適切な在庫管理システムを持たないと、在庫補充をする前に在庫切れになる可能性があります。バーコード在庫システムは、品切れになる前に在庫量の減少を予測するのに役立ちます。自動化システムで、在庫レベルが下がったときにアラートを出すこともできます。

人的ミスも、特に在庫の規模が大きくなると問題になります。たとえば、1 万点のシャツを注文して、5,000 点が不足していても、すぐに認識できないかもしれません。在庫管理システムなら、不足している商品を瞬時に特定できるため、不足分を特定する解決プロセスを迅速化できます。

小売業は常に、盗難のリスクが伴います。盗難の追跡機能は、盗難防止のセキュリティ対策でも有効です。セキュリティ対策の進捗を追跡し、効果を確認できます。

自動化システムでは通常、バーコードスキャナーを使用して、商品上のバーコードをスキャンします。バーコードは情報をコード化して、黒いバーと白いスペースからなるパターンで表示したものです。バーコードスキャナーで読み込むと、商品に関する情報が収集されて中央のコンピューターシステムに送られ、商品と関連情報が自動的に追跡されます。これにより、その商品の状況や必要な処置がわかり、在庫商品の流通、保管、配送に役立ちます。

収集されたすべての種類のデータが連携して、自動化されたリアルタイムトラッカーとなり、それがプロセスを簡素化して、ミスを減らし、情報を分析します。

バーコードスキャナーのハードウェアを適切に選ぶと、在庫の追跡で大きな差が生まれます。一部のハードウェアとソフトウェアは併用することで高い効果を発揮するため、適切に組み合わせと、バーコード在庫追跡システムを容易に活用する方法を検討することが重要です。バーコードハードウェアには、1D と 2D の 2 種類があります。バーコードはシンプルで同じように見えるかもしれませんが、この 2 つのハードウェアタイプには大きな違いがあります。

1D バーコード

1 次元バーコードは、「バーコード」と言ったときにほとんどの人が思い描くバーコードのタイプです。同じ長さの縦線が横方向に広がっています。線の間の空白部分によって、バーコードスキャナーがそのバーコードの製品を特定できます。通常、パッケージ商品、郵便物、小売商品の追跡に使用されます。

1 次元バーコードには、以下のような種類があります。

  • UPC-E
  • EAN-13
  • Code 39
  • EAN 128
  • USPS IMB
  • UPC-A
  • RSS-14
  • Code 93
  • Interleaved 2 of 5

2D バーコード

2 次元には 1 次元より多くの広がりがありますが、バーコードの場合も同様です。2 次元バーコードは、縦線で表されるシンプルな 2 進数を読み取るのではありません。数字と線だけではなく、通常、多くのピクセルからなる幾何学的な正方形の形をしていて、体系化したデータが含まれています。

1 次元バーコードよりサイズは小さくても、商品に関する多くの情報を格納できます。2 次元バーコードの一般的なタイプは、QR (クイックレスポンス) コードです。Web サイトに誘導したり、パッケージがどこから来てどこに行くかという詳細な位置情報を提供したりします。

2 次元バーコードのタイプを以下に示します。

  • MaxiCode
  • Aztec
  • PDF 417
  • QR コード
  • Data Matrix

バーコード追跡システムはあらゆる規模の企業に必要ですが、企業の成長に伴ってソフトウェアが急増している場合に特に有効です。バーコードシステムは、資産の受領・移動から配置・廃棄まで、在庫の物理的移動の追跡が可能です。

自動化バーコードシステムでは、手作業と比べて在庫の追跡、発送、保管が格段に簡単になり、人的ミスを防ぐこともできます。バーコードにより、在庫、購入品、不足品を継続的に記録できます。

在庫システムを使用することで、商品が在庫切れになりそうなタイミングや、補充や削減が必要かどうかを予測できます。このようなシステムは、小売りチェーンにありがちな盗難の追跡も容易で、セキュリティ対策による盗難防止が可能です。自動システムを使用して盗難量が減少したかどうかを確認し、有効性も追跡できます。

モバイルのバーコードスキャンは、インターネットを活用した多様な選択肢を企業にもたらします。クラウドベースのシステムでは、個々のハンドヘルドスキャナーに投資する必要がないため、ハードウェアのコストを最小化できます。スキャンはスマートフォンなどのモバイルデバイスから行います。従業員はさまざまな場所で作業でき、一元管理されたクラウドベースの場所から互いに接続することによって、それぞれの作業場所で同期を維持できます。

適切なバーコード在庫システムを選択することが、非常に重要です。念入りにリサーチして、自社に最適なバーコードシステムを選択してください。

開始方法

有効なバーコード在庫システムを作り上げるための最初のステップは、UPC (Universal Product Code)、SKU (Stock Keeping Unit)、UNSPSC® (United Nations Standard Products and Services Code) のいずれかを使用して商品コードを作成することです。

UPC の取得は、Global Standard One に商品を登録するだけで簡単です。独自の企業コードが割り当てられて、世界中で商品の追跡が容易になります。UPC により盗難を防ぐことができ、商品に関する情報がオンラインでわかり、在庫管理に役立ちます。

SKU の番号は、手動で作成したり、在庫管理のソフトウェアシステムで使用したりできます。ほとんどの SKU は企業に独自のもので、主に在庫品の記録、購入の追跡、在庫の監視など社内業務に使用します。

作成したバーコードの印刷は、シンプルなインクジェットプリンターとラベルシートを使って簡単にできますが、ラベルの印刷にはサーマルプリンターをお勧めします。サーマルプリンターはレーザープリンターよりコストが低く、メンテナンスが簡単で寿命も長い傾向があります。これは、数多くのバーコードを印刷する可能性がある場合に、重要な検討ポイントになります。

スキャナーの選択

適切なスキャナーを選択することで、劇的な変化が生まれます。幸いなことに、多様なニーズに合わせてさまざまな選択肢があります。

ワイヤレススキャナーにはバッテリーが必要ですが、可動性に優れています。電源コードにつながずに、リアルタイムで在庫の追跡ができます。ワイヤレススキャナーから直接、在庫管理システムに情報を送ることも、情報をメモリチップに集めておいて、後でコンピューターに挿入することもできます。そのデバイス自体に情報を保管できるモバイルスキャナーもあり、定期的にメインデータベースにアップロードできます。モバイルスキャナーはスマートフォンのモバイルアプリを使用してスキャンソフトウェアを搭載でき、従来のスキャナーよりコストを抑えた選択肢です。

有線スキャナーは一般に、ワイヤレススキャナーよりコスト効率の良い選択肢ですが、可動性と柔軟性に欠けます。顧客が購入する商品をレジで清算するなど、可動性を必要としない用途に適しています。

バーコードソフトウェアの選択

時間をかけてさまざまなオプションを検討すると同時に、コストとニーズも考慮します。拡張性が非常に優れたソフトウェアもありますが、それは小規模ビジネスも同様のものを必要とするということではありません。

したがって、ビジネスのニーズや、利用可能なバーコード在庫システムの機能、メリット、課題を考慮したうえで予算を組むことが重要です。コストの要求に合わせながらも、可能な範囲で最良のシステムに検索を絞り込みます。

あらゆる規模の企業にとって非常に有益であるバーコード在庫システムですが、ServiceNow のハードウェア資産管理システムは企業の多様なニーズに対応します。

Hardware Asset Management の機能

ServiceNow のハードウェア資産管理は、プロセスを簡略化して、過程にある障害を解消します。ハードウェアの正規化、資産ライフサイクルの自動化、ハードウェア資産ダッシュボード、モバイル資産在庫の監査などが特徴です。

ServiceNow は高度なモバイルスキャンソリューションも利用可能です。モバイルアプリを使用して、デバイスのカメラをスキャナーとして利用しながら、複数のバーコードの連続スキャンが可能です。バーコードグループを一度にスキャンすることもでき、関連性のあるバーコードをグループ化します。ServiceNow エージェントモバイルアプリで、簡単に在庫担当スタッフの調整や、位置追跡や記録更新ができ、オフラインでも稼働します。

つまり、ServiceNow のモバイルスキャンで高度な在庫管理が可能になるのです。

Hardware Asset Management の詳細はこちらでご確認ください。

新たな可能性を切り拓く

ライフサイクル全体で、ソフトウェアライセンス、ハードウェア資産、クラウドの管理を自動化。すべてが、 1 つのプラットフォームで可能です。