ソリューション

  • 製品
  • ユースケース
  • 業種
HR IT Products
  • ホワイトペーパー
  • 人事部門と IT 部門の連携がもたらすメリット
  • 生産性を高め、優れた従業員エクスペリエンスで優秀な人材を引きつけます。
Security Fundamentals
  • ホワイトペーパー
  • ヘルスケアセキュリティの基礎
  • 接続されたシステムによって優れた臨床を促進し、治療の結果を向上させます。

プラットフォーム

Forrester Report
  • アナリストレポート
  • デジタルワークフローの価値
  • 満足度を高めつつ、半分の時間と 3 分の 1 のコストでアプリを市場に送り出せます。

お客様

Customer Success
  • サクセスナビゲーター
  • 成功へ導く規範
  • 実績のあるベストプラクティスに基づいた段階的なアクションプランで結果を促進できます。

さらに詳細を確認する

Value Calculator
  • 価値の評価
  • ポテンシャルを引き出す
  • 60 秒でビジネス全体の未開発の価値を算出できます。

インシデント管理

ServiceNow® インシデント管理は、簡素化されたサービス復旧でビジネスの継続性を保証し、従業員の生産性を維持します。エンドユーザーとIT部門を、モバイル セルフサービスとバーチャル エージェントでつなぎます。また、機械学習を利用して、インシデントを自動的に適切な解決グループに関連情報やSLAとともに送ります。  

 

重大なインシデントについては、実用的な情報と埋め込みの実績のあるプラクティスワークフローを使用して、問題を迅速に解決します。また、エンドユーザーが簡単にアクセスできる双方向コミュニケーション、状況および関連作業で透明性と顧客満足度が向上します。   

メリット

サービス復旧プロセスの迅速化:ITSM の単一プラットフォームを使用して管理ならびに連携を行うと、迅速な復旧を実現できます

より優れたコンシューマ体験の実現:直観的なセルフサービスと透明性のある双方向のコミュニケーションを通じ、より優れたコンシューマ体験をお届けします

継続的サービス改善の促進:役割に基づくダッシュボード、パフォーマンス測定基準、リアルタイム分析機能を活用し、継続的サービス改善を促します

アプリケーションの特長

エージェントワークスペースは、インシデントの優先順位付けと操作を実行するコマンドセンターです。

エージェントワークスペースは、インシデントの優先順位付けと操作を実行するコマンドセンターです。

エージェントワークスペースは、インシデントの優先順位付けと操作を実行するコマンドセンターです。

主要インシデント管理ワークベンチは、1つのペインを用い、影響の大きなインシデントをこれまでにないほどのスピードで識別ならびに追跡し、解決

主要インシデント管理ワークベンチは、1つのペインを用い、影響の大きなインシデントをこれまでにないほどのスピードで識別ならびに追跡し、解決

主要インシデント管理ワークベンチは、1つのペインを用い、影響の大きなインシデントをこれまでにないほどのスピードで識別ならびに追跡し、解決

ネイティブのモバイルアプリにより、エージェントは、現場でタスクをすばやく表示して対応し、スワイプするだけでリクエストを承認することができます。

ネイティブのモバイルアプリにより、エージェントは、現場でタスクをすばやく表示して対応し、スワイプするだけでリクエストを承認することができます。

ネイティブのモバイルアプリにより、エージェントは、現場でタスクをすばやく表示して対応し、スワイプするだけでリクエストを承認することができます。

インシデント回避はナレッジベースの関連記事を提示し、セルフヘルプを支援

インシデント回避はナレッジベースの関連記事を提示し、セルフヘルプを支援

インシデント回避はナレッジベースの関連記事を提示し、セルフヘルプを支援

ビジュアルタスクボードのドラッグ&ドロップ機能を使用し、インシデントタスクを共同作業

ビジュアルタスクボードのドラッグ&ドロップ機能を使用し、インシデントタスクを共同作業

ビジュアルタスクボードのドラッグ&ドロップ機能を使用し、インシデントタスクを共同作業

パフォーマンス分析は、パフォーマンストレンドに対する深い洞察を提供

パフォーマンス分析は、パフォーマンストレンドに対する深い洞察を提供

パフォーマンス分析は、パフォーマンストレンドに対する深い洞察を提供

機能の詳細

すべて
  • オムニチャネルキャプチャ

    ユーザーは希望するサポート方法でインシデントを送信できるため、顧客満足度の向上に役立ちます。IT 部門は、セルフサービスポータル、仮想エージェントチャットボット、電子メール、電話またはモバイルでインシデントをキャプチャできます。

  • エージェントワークスペース

    エージェントワークスペースは、優先順位付けと操作を実行するコマンドセンターです。この合理化されたインターフェイスを使用して、顧客とのやり取りを行い、アクティビティストリームに最新の状態を維持し、機械学習と文脈に応じたヘルプを活用してインシデントの解決を加速します。

  • エージェント インテリジェンス

    ServiceNow エージェントインテリジェンスは、高度な機械学習とデータモデルを使用して、インシデントを自動的に分類し、割り当てます。履歴データに含まれるパターンから学習するため、予測的提案の精度が見る見る高まります。たった 1 日のトレーニングを行うだけで、エージェントインテリジェンス™はユーザーからの短い説明に基づいて IT インシデントのカテゴリーを正確に予測し、その問題を適切な解決チームに送れるようになります。この機能により、手動での優先度決定に伴うボトルネックを排除でき、生産性を向上させることができます。

  • 主要なインシデント管理

    組み込みの、実績のあるプラクティスワークフローを使用して、サービス品質保証 (SLA) に基づき影響の大きなインシデントを容易に識別、追跡、解決できます。重大なインシデントの管理 (MIM) は、エージェントワークスペースに統合されています。マネージャーが主要なインシデントに対応できるよう、実用的な情報を単一ペインで集約して提供する最新のワークベンチが搭載されています。

    エージェントアシストからの機械学習により、新しい主要インシデントを提案したり、現在のインシデントを既存の主要インシデントにリンクしたりできるため、よりスマートに作業を行うことができます。リアルタイム MIM ダッシュボードからの情報により、マネージャーは、事業運営に影響する主要インシデントすべての状況やサービス解決パフォーマンスを把握できます。

  • インシデント回避

    ユーザーがサービスポータルにインシデントを記入すると、ナレッジベースの関連記事を動的に表示してユーザーが自分で問題を解決できるように支援します。インシデントレコードが提供された場合、エンジニアはそのレコード内で動的に生成される記事リストを利用することもできます。

  • 構成管理データベース(CMDB)

    すべての IT コンポーネントに、1 つのレコードシステムとして CMDB を使用し、問題を迅速に解決します。構成アイテムとその接続先のサービスを確認し、インシデント、問題、変更要求がビジネスに与える影響を把握します。依存関係ビューを使用した複雑な IT インフラストラクチャのグラフィックビューで、インシデントの根本的原因を迅速に突き止めます。

  • 優先度の計算

    影響と緊急度に基づいてインシデントに対処することで、優先度の高い作業と低い作業を容易に管理できます。重大なインシデントが直ちに処理され、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができるように、重大なインシデントは自動的にスペシャリストチームに送信されます。

  • 対応者アサイン

    スケジュールにオンコールワークベンチを使用した、フォローザサンの 24 時間サポートを達成します。この単一ペインビューでは、自動トリガーによりインシデントを適切なサポートチームと割り当てグループにエスカレートすることができます。

    このワークベンチにより、オンコールマネージャーとメンバーは、リソースのモバイル化、シフトとスケジュールの管理、ギャップの特定、カスタムエスカレーションの定義を必要に応じてすばやく簡単に行うことができます。

  • 双方向通知

    サービスデスクのエンジニアとお客様の間で双方向コミュニケーションを使用し、透明性を促進し、解決までの平均時間を短縮します。作業メモが追加されたり、インシデントステータスが変化したりすると、関係者のすべてに自動的に通知が送信されます。

  • ソーシャルツール

    直観的でかんばん式のビジュアルタスクボードの使用により、チームの連携が迅速で容易になります。インシデントタスクのドラッグアンドドロップ、チーム割り当ての管理、タスクチェックリストの作成、優先度の動的設定などを行えます。

  • ネイティブモバイルアプリ

    最新の完全ネイティブなモバイルアプリケーションにより、移動先でも作業できます。この生産性ツールにより、IT サポートエージェントは、タスクキューの管理やインシデントへの迅速な対処など、瞬間ごとに即座に対処することができます。コーディング不要のデザインスタジオを使用して ITSM の画面を構成し、重要な情報にのみ焦点を当てると、発生中の作業に関連するフィールドのみがエージェントに表示されます。

  • サービス品質保証

    ITサービスプロバイダとお客様の間のすべてのサービスレベルに関するコミットメントを追跡します。詳細な仮想化により、インシデント内の有効な関連 SLA を容易に把握できます。自動化された通知とエスカレーションで、サービスのコミットメントに対する組織のパフォーマンスを把握できます。

  • レポートとダッシュボード

    構成可能な役割に基づく ダッシュボードによって、オペレーションにリアルタイムの透明性が実現されます。ビルトインのメトリックと調査により、サービスレベルが評価され、継続的なサービス改善が促されます。サービス向上とトレーニング機会を特定します。ServiceNow パフォーマンス分析の時間ベースのトレンドを使用して、深く掘り下げることができます。

  • ガイド付きセットアップ

    シンプルな構成手順と組み込みのヘルプを使用し、インシデント管理のセットアップと展開をほんの数日で完了できます。視覚的なステータスチェックを用いて実装の進捗状況を把握し、製品ツアーによって専門知識を習得し、そのソリューションの性能を最大限に引き出すように構成します。

  • 自動テストフレームワーク

    すぐに利用可能なテスティングフレームワークにより、素早く簡単にアップグレードできます。管理者は、クイックスタートテストインフラストラクチャを使用すると、Now Platform®の一部であるさまざまなデータセットまたは UI ページがあっても、多くのアプリケーションで実行するテストを作成して維持できます。

リソース

インシデント管理は、以下の一部です…

IT サービス マネジメント

断片化された従来のツールを統合し、ITサービスを端から端まで変革します。

ありがとうございます

Thank you for submitting your request. A ServiceNow representative will be in contact within 48 hours.

form close button

お問い合わせ

ServiceNowのイベント情報、製品情報、サービスについての最新情報を受け取る ※配信停止のご依頼はいつでも承っております.

  • このフォームを送信することにより、私は利用規約を読み、同意したことを確認します。プライバシー規約.