MORE
Business Management Icon

財務管理

コストを削減しつつ、ビジネスの目標に沿ったITの取り組みに投資を行うのは複雑な 問題です。 
なぜなら、従来のITシステムでは、どのような理由でどこに予算を割り当てて支出を行うのかについて、
情報が提供されないためです。

ServiceNow IT Financial Managementでは、コストの透明性と予算管理という
2つのソリューションパスを提供しています。

ServiceNowを使うことにより、コストの透明性が高まると、アプリケーションやインフラストラクチャなどの実際のコストをそれらのコンシューマにマッピングされ、予算をどこに支出しているかをより詳細に把握できます。

ServiceNowの財務プランニング機能を使うことにより、すべてのユーザーが同じシステムとデータにアクセスできる一元管理された予算データリポジトリを使用して、より簡素化された正確な予算プランニングプロセスを作成できます。

ServiceNow財務管理にはこれら両方の機能が含まれています。

AmerisourceBergen社がServiceNowによって
財務の可視化を実現した方法

Amerisource Bergen Video Still AmerisourceBergen社がServiceNowによって財務の可視化を実現した方法

AmerisourceBergen社がServiceNowによって
財務の可視化を実現した方法

ServiceNow Financial Managementの概要

ServiceNow IT Financial Management

ServiceNow Financial Managementの概要

IT財務分析によってGLの実際のコストをビジネスサービス、
ポートフォリオ、アプリケーション、およびその他の
区分全体に割り当てる

ServiceNow Financial Management Workbench

IT財務分析によってGLの実際のコストをビジネスサービス、
ポートフォリオ、アプリケーション、およびその他の
区分全体に割り当てる

CIOが経理、オペレーション、プロジェクトなどについて
見識を示すための対話型ダッシュボード

ServiceNow Financial Mangement Dashboard

CIOが経理、オペレーション、プロジェクトなどについて
見識を示すための対話型ダッシュボード

コストとビジネス目標を連動させる

ServiceNow Financial Managementは支出を可視化し、予算編成プロセスの制御を簡略化します。

対処したインシデント、使用しているサーバー、費やされたプロジェクト時間といった実際の使用状況データと、総勘定元帳から抜き出した財務データを統合したビューを利用できます。このような可視化により、サービスの使用方法とデリバリコストの間の重要な関連付けを行う簡略化されたコストモデルを使用して、コストとサービスの使用状況を連動させることができます。また、優れたプラットフォームも、予算に関する共同作業を行ってプランニング活動を容易にする単一の場所を提供します。

これによってどのような結果が得られるでしょうか。CIOは、ビジネス目標に沿った投資を行い、オペレーションパフォーマンスと予算を比較検討して、それに応じて投資を調整することができるようになります。

支出の可視性を高める

CIOとサービス所有者が、サービスデリバリコストを現実的に把握できるようにする

コストの把握と割り当てを適切かつ透過的に行う

効率性に影響を与える重要なコストの動向を特定する

ServiceNow Tunnel

サービスの使用状況との関連づけにより
信頼性を高める

サービスの実際のコストと価値について事実に即して話ができるようにする

GLに含まれていないコスト区分についても、支出額と支出の発生理由を関連付けできる

ITレコードシステムに直接アクセスして、サービスコストを詳しく確認できる

ServiceNow Man with Phone

ITの投資とビジネス目標を連動させる

幅広いサービスとコンシューマ全体にわたる割り当てを示すCIOダッシュボードを利用してコストの概要を把握し、ビジネス目標から大きく外れた支出を簡単に把握できるようにする

アプリケーション、ビジネスサービス、プロジェクトなどの多数の区分にわたって投資をレポートする

単一の場所で予算に関する共同作業を行い、時間の経過に伴う変動を追跡して比較する

ServiceNow Buiding Reflection