予防メンテナンスとは?

予防メンテナンス (計画的メンテナンスとも呼ばれる) とは、機器の故障や予期せぬダウンタイムの発生を防ぐために行われる維持管理のことです。

設備、機械、ハードウェア、ツールは、一般的に可能な限り長い耐用年数を目指して設計されています。しかし残念ながら、継続的な使用による標準的な消耗により、ある時点で機器の効率や効果が低下し、最終的には完全に消耗してしまいます。しかし、機械は永遠に使えるわけではありませんが、重要な機器をできるだけ長く使えるようにするために、機器の所有者が実行できるステップがあります。

定期的な予防メンテナンスを徹底することで、機器は耐用年数を超えても有効に機能し続ける場合があります。

予防メンテナンスとは、機器を維持するためのあらゆる作業を指す言葉です。通常、これらの作業は以下のカテゴリのうちの少なくとも 1 つに分類されます。

点検

予防メンテナンスのための点検では、機械全体を詳細に確認して、部分的なチェックや機器のテストを行い、修正が必要な問題点を見つけます。問題が見つかると、修理チームが対応するための作業指示書が作成されます。また、点検の際には、後々の修理作業を減らすために、軽微な修理や校正、調整を行うこともあります (タスク指向の予防メンテナンスと呼ばれます)。

必須タスクと任意のタスク

その名が示すように、必須タスクとは、あらかじめ決められた間隔で定期的に実施しなければならない予防メンテナンスの作業のことです。これには、多くの場合、安全性やコンプライアンスのチェックが含まれます。任意のタスクも同様に重要ですが、スケジュールの面ではより柔軟性があります。これらの作業は一般的に必須のメンテナンスよりも重要度が低いため、違反や機器の故障のリスクを冒すことなく実行を遅らせることができます。予防メンテナンスチェックリストを作成する際には、タスクを必須か任意のいずれかに割り当てることが効果的です。

ピラミッド型タスクと非ピラミッド型タスク

予定していたメンテナンスタスクが、決められた期間内に完了しないことがあります。「ピラミッド型タスク」では、スケジュールを更新して、前回で完了しなかった予防メンテナンスのタスクをキャンセルしたことを記録し、次の定期的なメンテナンスに合わせて期日を再設定します。更新されたタスクには、未完了のタスクについての説明と、元の期日の表記が含まれます。「非ピラミッド型タスク」では、ドキュメントの一部を削除して、未完了の日付をキャンセルしてタスクを再スケジュールし、説明のためのメモは作成しません。

「壊れていないのになぜ直すのか」というように、予防メンテナンスは不要で時間がかかりすぎると感じるかもしれません。しかし実際には、必要不可欠な計画的メンテナンスを行うことで、安心感だけでなくさまざまなメリットがもたらされます。

機器の長寿命化

小さな問題が大きな問題にならないように、予防メンテナンスで潜在的な問題を特定し、修正することで、高価なハードウェアをより長く機能させることができます。

ダウンタイムの短縮

小さなメンテナンス作業を事前にスケジューリングすることで、機器のダウンタイムを最小限に抑えることができます。また、予防メンテナンスでは、機器がメンテナンスのためにオフラインになる日時をスケジュール設定することができるため、予期せぬ機器の故障に即座に対応する必要をなくし、時間も大幅に短縮されます。

サービスレベルアグリーメントの維持

サービスレベルアグリーメント (SLA) は、機器サプライヤーに求められるサービスレベルを定義するものです。この契約には予防メンテナンスが含まれている場合があり、定義されたタスクを実行しなかった場合、金銭的あるいはその他の罰則が科せられることがあります。

資産の可視性の向上

定期的にメンテナンスを行うことで、企業は機械とその使用状況に関するインサイトを得ることができます。これには、資産のサービス履歴や、多くの重要な測定基準が含まれます。

安全性の向上

機械がメンテナンスされていないと、機器自体だけでなく、多くのものが危険にさらされます。欠陥のあるハードウェアは容易に職場の危険となり、オペレーターや他の人に怪我をさせる可能性があります。予防メンテナンスを行うことで、こうした危険性を低減することができます。

コンプライアンスの徹底

標準規格は、機器が安全性や環境の持続可能性など、事前に設定された要件に沿って動作していることを保証するためのものです。定期的な予防メンテナンスは、これらの基準が継続的に満たされていることを保証し、企業は小さな調整を行ったり、コンプライアンス違反につながる可能性のある重要な問題に対処したりすることができます。

生産性の向上

メンテナンスが行き届いた機械は、効率的に稼働する可能性が高く、投資に対するリターンが大きくなります。同時に、機器のダウンタイムが減ることで、実用的なハードウェアに頼って仕事をしている従業員の生産性が向上します。

エネルギー使用量の削減

メンテナンスをしていない機器は、エネルギー効率が悪くなります。計画的なメンテナンスを行うことで、機器をより長く最適な状態で使用することができ、エネルギー使用量を削減して、それに伴うコストや環境への影響も低減することができます。

コストの削減

SLA やコンプライアンス違反、機械や従業員の生産性の低下、エネルギー使用量の増加などに起因する、機器のダウンタイムは企業にとって多額のコストにつながる可能性があります。予防メンテナンスは、これらのコストの多くを削減あるいは排除し、全体的な利益の向上につながります。

すべての機械には予防メンテナンスのスケジュールが必要ですが、そのスケジュールをどのように作成するかを理解するのは難しいかもしれません。機器によって必要なものは異なりますし、それぞれの機器で行っている作業も異なります。

企業は、確立された業界標準に基づいて予防メンテナンスのタスクを設定したうえで、そのビジネスに特有の状況を考慮する必要があります。また、ほとんどの機器メーカーは、独自のメンテナンス推奨事項を提供しています。企業によっては、さらに慎重なアプローチをとり、事前に設定された基準よりも予防メンテナンスタスクの頻度を増やすこともあります。

予防メンテナンスは必要不可欠なものですが、その一方で以下のような課題やデメリットもあります。

スケジューリング

重要な機器の定期的なメンテナンス作業をスケジューリングすることは、それ自体が作業であり、時間と労力がかかります。多くの企業では、単にカレンダーにタスクを書き込むだけでなく、依存関係を考慮するとともにタスクを見落とさないようにして、ダウンタイムを可能な限り短縮できるように、各種メンテナンスの順番を調整する必要があります。これは信頼できるメンテナンス計画ツールがないと大変な作業です。

コンプライアンスの証明

実施すべきメンテナンスタスクが多くある場合、完了した作業指示を適切に記録することを忘れがちです。しかし、書類への記録はコンプライアンスを証明し、メンテナンスが時間通りに正しく実行されていることを確認するために存在します。メンテナンス計画ソリューションは、完了したすべてのタスクを確実に正しく文書化するうえで役立ちます。

信頼できるデータの取得

生産性と効率性を向上させるための最初のステップは、機器がどのように機能しているかを正確に把握することです。メンテナンス計画ツールでは、確立された測定基準に基づいて重要で信頼性の高いデータを取得することができるため、企業は機械の効率を向上させることができます。

タスクのバランス

必要なタスクを把握することと、それぞれのタスクにどれだけの時間を割くかは全く別の問題です。メンテナンス計画を立てることで、企業は予防メンテナンス業務の全体像を明確に把握することができ、これにより、タスクのバランスを取ることができます。

予防メンテナンス計画は、予防メンテナンスタスクのスケジューリングと遂行に固有の課題に対処するものです。メンテナンス計画のプロセスは、5 つの重要なステップで構成されています。

目標と優先順位の決定

事前に目標と優先順位を決めておくことで、メンテナンスタスクに正しい優先順位をつけることができます。これにより、より効果的なリソース配分が可能になります。ビジネスの成長や状況の変化に伴い、新たな目標に合わせて優先順位を再評価し、再設定する必要があるかもしれません。

資産とタスクのリストアップ

次のステップでは、すべての機械を特定の機器ファミリーに分類して、完全な一覧表を作成します。このリストには、関連する保証期間、メンテナンスの推奨事項、利用可能な運用データ、メンテナンスや修理の履歴、法的要件などを含める必要があります。

優先順位とリソースの管理

目標が明確に定義され、資産とタスクが完全にカタログ化された後は、重要性とリソースの利用可能性に基づいてタスクの優先順位を決定します。何をする必要があるのか、何をするためのリソースがあるのか、そしてその 2 つが重なり合う部分を考慮に入れます。

業績評価指標の設定

計画がほぼ完成したら、最後のステップとして、その成功を測るための KPI を設定します。主要な指標は業界や機器によって異なりますが、一般的な業績評価指標には、メンテナンス完了率、コンプライアンス率、機器の効率、機器の平均故障間隔、総メンテナンスコスト、投資利益率などがあります。

見直しと改善

メンテナンスプランは、いつ何をすべきかを記述するだけでなく、改善すべき点を特定するのにも役立てる必要があります。計画を見直すことで、メンテナンス作業の必要性が低いと思われる箇所、故障を回避できたと思われる箇所、今後メンテナンスを増やす必要がありそうな機器などが明らかになります。これにより、だんだんとメンテナンス計画をより効果的なものにすることができます。

予定外の機器の故障や必要な修理は、単純に予防メンテナンスを計画して実行する場合に比べて、9 倍ものコストがかかると言われています。しかし、ダウンタイムを最小限に抑え、生産性を最適化するために、予防メンテナンスタスクをこなすのは、非常に複雑な作業となる可能性があります。ServiceNow Field Service Management は、予防メンテナンスのプロセス全体を簡素化します。

ServiceNow Field Service Management には、計画メンテナンスのアプリケーションが含まれており、混乱を最小限に抑えてメンテナンススケジュールを最大限に活用できるように設計されています。マスターメンテナンスプランは、条件、スケジュール、重要な記録を詳細に示し、何が完了したか、何を完了する必要があるか、そしてそのすべてが企業にどのように影響するかを、明確に把握することができます。また、関連するイベントや条件に基づいて、スケジュールを自動化することもできます。

さらに、Field Service Management では、タスク、スキルの依存関係、部品の要件などを自動的に作成できる作業指示書のテンプレートを作成することができます。これらのテンプレートは、特定のニーズに合わせて簡単にカスタマイズできます。

機器の最適な稼働率と出力を確保するために、予防メンテナンスは不可欠です。同様に、メンテナンス計画は、効果的な予防メンテナンスタスクを正確かつ時間通りに、設定された目標と優先順位に基づいて完了するようにするために欠かせないものです。ServiceNow Field Service Management では、機器を最大限に活用するためのメンテナンス計画を簡単に作成、完了することができます。

ServiceNow Field Service Management をさらに詳しく見る

ロケーションベースの業務を効率的かつ安全に管理して、フィールドにおける優れたカスタマーサービスを実現します。