ServiceNow Edge Encryption

エッジ暗号化

クラウドベースのサービス提供のメリットを享受するためには、会社のデータが確実に安全で保護されているという前提が必要です。データの主権、プライバシー要件、コンプライアンス規制の拡大、セキュリティ違反のリスクの高まりにより、パブリッククラウドまたはプライベートクラウド上のデータに関する不安が生じている現代において、こう言葉にするのは簡単ですが、実践するとなるとそうはいきません。

ServiceNow データ暗号化は、データを ServiceNow クラウドデータセンターに送信する前に暗号化することにより、安心を提供します。データの暗号化と復号化に必要なデータ暗号化キーを完全に制御できるため、会社の最も重要な資産を管理できなくなる心配はありません。

エッジ暗号化プロキシを介した暗号化データ - 見えるもの

エッジ暗号化プロキシを介した暗号化データ - 見えるもの

エッジ暗号化プロキシのバイパス - 見えるもの

見えるもの

エッジ暗号化プロキシのバイパス - 見えるもの

見えるもの — エッジ暗号化プロキシを介したトークン化データ

見えるもの

見えるもの — エッジ暗号化プロキシを介したトークン化データ

見えるもの — エッジ暗号化プロキシをバイパスするトークン化データ

見えるもの

見えるもの — エッジ暗号化プロキシをバイパスするトークン化データ

業界最高のデータ保護

ServiceNow クラウドベースのエンタープライズサービスにより、データのセキュリティへの絶対的な安心感を提供します。エッジ暗号化は、業界標準の暗号化とトークン化を使用して、特定の ServiceNow インスタンスデータ(フィールドおよび添付ファイル)を、不正なユーザーまたはアプリケーションからの読み取りや使用を不可能にするオンプレミスプロキシサーバーです。

統合された ServiceNow エッジ暗号化ソリューションを使用すると、転送中および保存中のデータを保護できます。データセンターと ServiceNow インスタンス間で移動するデータは、特定のフィールドと添付ファイルがインスタンスに到達する前に、それらを暗号化するように構成されたプロキシを通過します。万が一、ServiceNow データセンターのデータ漏洩が発生した場合でも、攻撃者は暗号化されたデータを使用することはできません。

トークンによるパターン固有コンテンツの保護

トークン化は、フィールド内の特定のデータパターンのみをマスクし、そのフィールド内の他のデータには影響を与えない

トークン化は完全にランダムなプロセスを使用するため、キーやアルゴリズムは不要

クレジットカードや社会保障番号などの構造化データを保護するのに便利

エッジ暗号化

機密データへのリスクを軽減

コンプライアンスとガバナンスの要件を満たす統合された保護

カスタマーが保持する暗号化キー管理

ステータスおよびトラブルシューティング用のモニタリングツール

エッジ暗号化

データ漏洩のリスクを軽減

万が一漏洩が発生した場合でも、攻撃者がデータを使用できないようにする

使用中、転送中、保存中のデータに対して、信頼性の高いエンドツーエンドの保護を維持

一括キーローテーションにより、過去のレコードと新しく作成されたレコードを同じ方法で保護

エッジ暗号化

ユーザー操作への影響を最小限に抑える

セキュリティとエンドユーザーの操作要件のバランスを取るための可変暗号化レベルオプション

カスタマー定義の暗号化ルール

ServiceNow 管理ツールによる統合管理 

エッジ暗号化

ありがとうございます

Thank you for submitting your request. A ServiceNow representative will be in contact within 48 hours.

form close button

お問い合わせ

ServiceNowのイベント情報、製品情報、サービスについての最新情報を受け取る ※配信停止のご依頼はいつでも承っております.

  • このフォームを送信することにより、私は利用規約を読み、同意したことを確認します。プライバシー規約.