Created with Sketch.

Recovery Email

Your account give you access to even more premium content, don't lose access to it. Provide a recovery email below.
  • Secondary E-mail

Discovery

オンプレミスとクラウドのリソースを完全に可視化します。Configuration Management Database (CMDB) のオンプレミス、クラウド、サーバーレスインフラストラクチャ内で発生している変更を追跡します。ITSM Change Management、 Software Asset Management、Customer Service Management、Security Operations などに向けて正確なデータと関係を表示し、強固な基盤を構築します。

メリット

価値実現までが高速:セキュアでエージェントを必要としない、ハードウェア、ソフトウェア、仮想、クラウドのリソース、および Kubernetes クラスター、そしてその関係性のディスカバリを迅速に構成して起動します 

サービスへの影響の分析: ハイブリッドインフラストラクチャインベントリと関連情報を使用し、サービスマップを自動的に作成して分析します

IT リソース全体に Discovery を拡張: すぐに使用できるパターンを用いたり、AWS や Azure のようなマルチクラウド環境または Dockers や Kubernetes などのサーバーレスインフラストラクチャ向けにカスタマイズしたりすることができます。

アプリケーションの特長

CI スケジュールマネージャーが、構成と管理の過程において Discovery 管理者をガイド

CI スケジュールマネージャーが、構成と管理の過程において Discovery 管理者をガイド

CI スケジュールマネージャーが、構成と管理の過程において Discovery 管理者をガイド

1 つのダッシュボードから Discovery ジョブを設定および管理

1 つのダッシュボードから Discovery ジョブを設定および管理

1 つのダッシュボードから Discovery ジョブを設定および管理

IT リソースの依存関係と関係を一目で確認

IT リソースの依存関係と関係を一目で確認

IT リソースの依存関係と関係を一目で確認

クエリーを作成、実行して検出された IT リソースを検証

クエリーを作成、実行して検出された IT リソースを検証

クエリーを作成、実行して検出された IT リソースを検証

1 つのダッシュボードで複数の PKI 証明書を管理

1 つのダッシュボードで複数の PKI 証明書を管理

1 つのダッシュボードで複数の PKI 証明書を管理

機能の詳細

展開 折りたたみ
  • マルチクラウド Discovery

    AWS、Azure、IBM クラウドおよび Google クラウドに展開されているクラウドサービスを可視化しましょう。

    パブリッククラウドインフラストラクチャに展開されている IaaS、PasS & FaaS サービスの端から端まで可視化します。

    サービスの依存関係を入手するためにネイティブクラウドのネイティブオブジェクトでサービスマップを完全自動化。

    DevOps CI/CD プロセスにおけるコンテナオーケストレーション製品のクーベネティス Discovery &ドライブの効率性でクラウドネイティブアプリを可視化しましょう。

  • セキュアでエージェントなしのアーキテクチャ

    エージェントを必要としない Discovery によって、検出可能なデバイス上にインストールされた常設ソフトウェアの管理が複雑になるのを防ぎます。マネジメント・計測・Discovery(MID)サーバーと呼ばれる軽量の Java アプリケーションが、環境内に存在する仮想マシンを含む標準ハードウェア上で、Windows サービスまたは Unix デーモンとして実行されます。

    異なるネットワークセグメントに複数の MID Server を実装して、実質的に無限のスケーラビリティを実現できます。各 MID Server は何千ものデバイスを処理できます。

    MID Server は、プローブやパターンを実行し、関連する ServiceNow インスタンスに結果を返します。情報は保持しません。

    Discovery は、IP サブネットや IP レンジを追加するためのクイックスタートメカニズムを提供します。Discovery は、この情報を場所ごとにジョブを配置するために使用します。これにより、IT Discovery プロセスの柔軟性と堅牢性が向上します。

    MID Server は、HTTPS を使用してあらゆる通信を開始します。これはつまり通信がセキュアであり、すべての通信が企業のファイヤーウォール内で行われることを意味しています。特別なファイアウォールルールや VPN は必要ありません。認証情報は 3DES 暗号化を使用して格納されます。または外部の認証情報ストアを使用することもできます。

  • プローブとセンサー

    MID Server は、いくつかの技術を使用し、エージェントなしでコンピュータや IP 対応デバイスをプローブします。たとえば、SSH を使用して Unix または Linux コンピュータに接続し、標準のコマンドを使用して情報を収集します。同様に、SNMP を使用してネットワークスイッチやプリンタから情報を収集します。

    Windows コンピュータには WMI と PowerShell が使用されます。また WinRM もサポートしています。ストレージコンポーネントは、SMI‑S と CIM で検出されます。RESTful API は、クラウドとコンテナ環境を検出するために使用されます。

    検出された情報は、関連する ServiceNow インスタンスに安全に送信され、プローブに一致するセンサーで処理されます。パターンに基づくコンテンツはプローブとセンサーの汎用のペアで処理されます。

  • Dependency Views

    Discovery は、階層依存関係をマッピングし、検出した CI 間に適切な関係タイプを割り当てます。 

    アプリケーション依存関係マッピング(ADM)は、どのデバイスが互いに通信しているか、どの TCP ポートで通信しているか、それらのデバイスで実行されているプロセスは何かを判断し、相互に依存するアプリケーション間にアップストリームとダウンストリームの関係を作成します。 

    これらのすべての情報は、ServiceNow CMDB を最新に保つために自動的に使用されます。 

    Discovery は、識別子を使用して、ネットワークで検出されたデバイスに一致する CI を CMDB で検索します。これらの識別子を構成し、照合できたとき、あるいは照合できなかったときに、Discovery に特定のアクションをとるよう支持してデータの整合性を維持することができます。

    IT スタッフが VMware、AWS、Microsoft Azure を使用して仮想またはクラウド環境に変更を加えると、これらの環境のイベントによって Discovery がトリガーされます。これにより変更が検出され、CI と該当する関係が更新されます。 

    これにより、CMDB が最新に保たれ、仮想およびクラウド環境のリアルタイムの可視化が実現されます。

  • カスタマイズと統合

    IT スタッフは、すぐに使えるパターンまたは独自のパターンを作成して検出可能なリソースを確認できます。パターンデザイナーを利用して、IT スタッフはコードレスエンジンを使い、検出可能なエレメントを拡張できます。特定のニーズを満たすために、CMDB でデータモデルフィールド、テーブル、関係の説明をカスタマイズすることもできます。 

    さらに ServiceNow は、CyberArk® や BeyondTrust®、その他 ServiceNow ストアから入手できる多くの業界標準の権限アクセス管理ソリューション (PAM) と統合できます。これにより、セキュリティ管理者は、最低限の権限アクセスを提供することができ、ポリシーに従って認証情報を交換し簡単に更新できます。

  • 迅速で簡単なセットアップ

    分かりやすくユーザーフレンドリーな Guided setup により、容易に Discovery を構成し、起動することができます。IT スタッフはシンプルな手順に従って MID Server を実装し、認証情報を追加。検出されたサブネットやユーザー定義期間に基づいてスケジュールを自動的に作成し、Discovery を起動してプロセスを終えることができます。

  • 統合 Change Management

    変更リクエスターは、Discovery の CI 変更の検証を起動できます。変更リクエスターが CI レコードを表示するときは、自動および手動の Discovery が使用できます。

    これにより、Change Management プロセスの効率と正確性のために、変更レコードが Discovery から戻されたリアルタイム情報で検証され、CMDB が更新されていることを確認できます。

    ServiceNow プラットフォームにより、Services and Operations マネージャーは、いつでも CI データにアクセスし、更新することができます。

  • コード不要なパターン

    ServiceNow ストアでは新しいパターンが常に更新されているため、クラウドとコンテナの環境を迅速に検出できます。

    これらのコード不要なパターンによって、IT 部門はそれらを即座に設定して、Red Hat OpenShift や Nutanix Hyperconverged Infrastructure などのテクノロジー固有のアーティファクトと同様に、マルチクラウド、Kubernetes、コンテナ、サーバーレスの環境を検出できます。

  • 証明書管理

    ITOM の可視化の Certificate and Inventory Management 機能によって、IT 部門は CMDB の IT リソースと組み合わせてすべての証明書のインベントリを使用できます。IT 部門は、証明書の期限切れが近付き、それらを更新するためのタスクが作成されたときに、アラートを受信します。

リソース

Discovery は以下の一部です…

IT Operations Management

サービスの可視化、健全性、最適化を駆使して、サービス停止にプロアクティブに対処し、ハイブリッドクラウドを管理します。

// 2020 年 2 月 23 日のコメント // 本番環境のページロードの遅さを修正するため // ローンチにより追加できるかどうか後で Zan および Alex と確認する // 2020 年 2 月 23 日のコメント // 本番環境のページロードの遅さを修正するため // ローンチにより追加できるかどうか後で Zan および Alex と確認する

ありがとうございます

Thank you for submitting your request. A ServiceNow representative will be in contact within 48 hours.

form close button

お問い合わせ

ServiceNowのイベント情報、製品情報、サービスについての最新情報を受け取る ※配信停止のご依頼はいつでも承っております.

  • このフォームを送信することにより、私は利用規約を読み、同意したことを確認します。プライバシー規約.