ソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC) とは?

ソフトウェア開発ライフサイクルとは、ハードウェアとソフトウェアにまたがる情報システムを計画、作成、テスト、展開するプロセスのことです。

ソフトウェア開発は、ソフトウェアアプリケーションを構築して実行するためのいくつかのフェーズからなる、ソフトウェアプロジェクトにおける反復的なプロセスです。SDLC は、プロセスの測定と改善に役立ち、ソフトウェア開発の各段階の分析を可能にします。

SDLC は、ソフトウェアアプリケーションを作成して展開するために必要な各タスクを簡単に略述します。これにより、無駄を省き、効率を高めることができます。SDLC の一部であるモニタリングは、企業活動のすべてがタイムリーで、予算が遵守され、ソフトウェアが実現可能な投資であり続けるようにするのに役立ちます。SDLC は、アジャイルやウォーターフォールのアプローチを利用しているとよく言われますが、多くの企業は両方を採り入れたハイブリッドを使用しています。

1. 現状の問題点を把握する

ITSM は、顧客に価値を提供することに重点を置いた、IT 管理の戦略的アプローチです。ITSM では、IT サービスに関するすべての個人や部門の役割と責任を明確に定義しています。これにより、生産性の向上、コストの削減、エンドユーザーの満足度の向上を実現します。

2. 計画

プロジェクトのリーダーは、人件費や材料費の計算など、プロジェクトの条件を評価し、目標となるタイムテーブルを作成します。また、利害関係者やアプリケーションの恩恵を受ける人からのフィードバックも計画に含める必要があります。そして、プロジェクトの範囲を明確に定義して、アプリケーションの目的を説明し、プロジェクトが範囲を超えて拡大したりシフトしたりしないように境界線を設定する必要もあります。

ソフトウェア開発ライフサイクルの各部分を示したグラフィック。

3. 要件の定義

次のステップは、要件を定義して文書化し、利害関係者の承認を得ることです。アプリケーションが何をするものなのか、どのような機能が含まれているのか、途中の障害は何なのかを定義します。また、要件を定義するためには、リソースを特定し、プロジェクトに組み込む必要があります。

4. 設計とプロトタイピング

SDLC では、アプリケーションの動作の仕方と設計の各側面をモデル化する設計ステップが必要です。側面の中には以下のものが含まれます。

  • UI:顧客がソフトウェアとどのように接するか、また特定の入力に対してソフトウェアがどのように反応するか。
  • プログラミング:使用されるプログラミング言語と、ソフトウェアが問題を解決しタスクを実行する方法。
  • セキュリティ:アプリケーションの安全性を確保するために実施される一定の措置。SSL 暗号化、パスワード保護、安全なデータ保存など。
  • コミュニケーション:アプリケーションが中央サーバーなどの他の資産とどのように通信するかを定義。
  • アーキテクチャ:業界の慣行、テンプレート、全体的な設計、特定のプログラミング言語など。
  • プラットフォーム:Apple、Windows、Android、Linux など、ソフトウェアをホストするプラットフォームの概要。

設計を定義した後は、ソフトウェアの初期バージョンのプロトタイプを作成して、アプリケーションの外観、反応、機能などの基本的なアイデアを実演することができます。これは、プログラマーがアプリケーションを承認するために、利害関係者からのフィードバックを受けるフェーズです。プロトタイピングは、開発段階で変更を加えるよりもはるかに低コストです。

5. ソフトウェア開発

SDLC の中で、プログラムそのものを書き出す段階で、1 人の開発者が担当する場合と、大規模なチームが担当する場合があります。SDLC では、テスト結果の待ち時間やコードのコンパイルなど、生産を妨げるソフトウェア開発プロセス上の問題を予測することができます。

6. テスト

ソフトウェア開発は多くの場合、別々の個人やチームが完成させる小さなプロジェクトに分割されるため、アプリケーションがうまく動作するように継続的にテストする必要があります。各機能が正常に動作しているか、アプリケーションの各部分が他の部分とうまく連携しているかを確認します。これにより、ユーザーがアプリケーションを使用する際に遭遇するバグの数が減り、使用率やユーザー満足度の向上につながります。

7. 展開

テストが完了すると、アプリケーションが展開され、ユーザーが利用できるようになります。この工程は、アプリケーションの複雑さや必要性に応じて、手動または自動で行われます。

8. 運用と保守

アプリケーションが展開され、使用されるようになると、最後のフェーズとして、テスト中に漏れたバグを発見し、解決します。ここでは、独自の反復プロセスを開始することができます。

ソフトウェア開発にはさまざまな手法があります。それぞれに特長があり、企業はニーズを満たす手法を選ぶことができます。

ウォーターフォール

ウォーターフォール SDLC は、滝 (ウォーターフォール) が直線的に流れていくように、ソフトウェアの開発を最初から始めて、プロセスの各ステップを進めていく直線的なモデルですが、前のステップが完全に終了するまで次のステップを開始することはできません。ウォーターフォール SDLC は、企業がプロセスの各ステップの継続性と実現可能性を分析し、障壁やサイロを解消するのに役立ちます。

アジャイル

アジャイル手法では、ユーザーの意見や経験を重視します。これにより、使いにくい旧式のアプリケーションに起因する多くの問題を解決することができます。ソフトウェアは、アジャイルプロセスを通過する中で、フィードバックに即座に対応し、短いサイクルでリリースを繰り返して変化の激しい市場に対応します。

反復性

ソフトウェア開発者は、ソフトウェアの初期バージョンを素早く作成し、それを小さな繰り返しで改良していきます。これは、大規模なアプリケーションで一般的に使用される手法で、ビジネスニーズを満たすためにアプリケーションをより迅速に稼働させることができます。

DevOps

アジャイルとよく似た手法である DevOps では、製品のあらゆる側面をカバーするために編成されたチームのメンバー間で積極的なコラボレーションとコミュニケーションを図りながら、設計と実装の段階でソフトウェアユーザーからフィードバックを収集し、開発されたアプリケーションの使いやすさと妥当性を向上させます。このチームには、開発、テスト、セキュリティだけでなく、情報技術の運用面での代表者も加わります。

スパイラル

スパイラルは、他のモデルの反復的なアプローチと、ウォーターフォールのような順次的プロセスを組み合わせて使用します。これにより、開発がスパイラルの各ステップを繰り返し通過することで、段階的なリリースと改良を行うことができます。

V モデル

検証と妥当性確認モデルとしても知られている V モデルは、「V」の字型にステップを順次進めていきます。これはウォーターフォールアプローチを拡張したもので、1 つのフェーズだけでテストを行うのではなく、開発の各フェーズでそのフェーズに直接関連したテストが行われます。

ビッグバン

ビッグバンモデルでは、ほとんど計画を立てず、プロセスらしいプロセスも踏みません。必要な資金とリソースを確保することから始め、顧客の要求にうまく沿うようにソフトウェアを出力します。このモデルは通常、正式な構造やプロセスをあまり必要としない、小規模なチームによる非常に小さなプロジェクトに用いられます。

SDLC では、全員に同意し理解してもらえるように、前もって一元的に管理された目標を提供します。リソースや関連コストを含む開発のための明確な計画があるので、その計画が確実に実行されるようにロールを割り当てることができます。

ソースコントロール

ソースコントロールでは、作業中のコードの安全性を確保するために、すべてのコードを 1 つの場所に保管します。これは、物理的な場所の場合もあれば、暗号化されたクラウド環境にユーザーがログインできるようにした仮想の場所の場合もあります。

継続的インテグレーション

アセットの各コンポーネントが、ライフサイクルを通じて一貫した互換性を持つようにします。継続的インテグレーションでは、すべてのチームメンバーが同じようなプログラミング言語やライブラリを使用することで、競合や重複を避けることができます。

SDLC 管理システム

プロジェクトの各フェーズやプロジェクト全体を通して、システムに透明性を持たせます。SDLC 管理システムは、各フェーズを管理すると同時に、分析、作業管理システム、バグトラッキングを追加することで、効果的に実行されていないライフサイクルの部分を改善することができます。

ソフトウェア開発ライフサイクルは、ベストプラクティスと方法論を活用して、必要な修正を含むソフトウェアの開発と展開のプロセスを通じてチームを支援することができる、優れたプロセスです。

ビジネスに合わせて拡張できる機能

全社的に DevOps を有効活用します。迅速化によるリスクを取り除き、IT 運用と開発の間に生じる摩擦を最小限に抑えます。