Created with Sketch.

Recovery Email

Your account give you access to even more premium content, don't lose access to it. Provide a recovery email below.
  • Secondary E-mail

継続的な認証と監視

NIST Risk Management Framework (RMF) へのアプローチを最新化します。自動化と継続的なモニタリングにより、IT システムをより迅速にオンライン化します。

継続的な認証と監視のメリット

生産性の向上

自動化された RMF プロセスと部門横断型のワークフローにより、より迅速に認証が可能になります。

リスク情報に基づいたセキュリティ上の意思決定

エビデンス、脆弱性、コントロール、リスク、アクションプラン、マイルストーンをすべて一元的に確認できます。

可視性の向上

正確でタイムリーな情報により、リスクをリアルタイムに把握できます。

価値実現までの時間を短縮

プロセスに容易に適応できるソリューションにより、柔軟性を獲得できます。

継続的な認証と監視の機能

キーインジケーター

継続的な監視により、コンプライアンス違反や新たなリスクを特定します。

CMDB とのデータ連携

リアルタイムの資産特定や手動による資産管理により、ビジネスへの影響度を評価することができます。

継承されたコントロール

ベースラインコントロールをカテゴリ別に自動的に割り当て、共通のコントロールを簡単に継承できます。

システムセキュリティ計画

カスタマイズ可能な自己記入式テンプレートに基づいて、システムセキュリティ計画を自動的に生成します。

その他の機能

動的なダッシュボード

脆弱性、アクションプラン、マイルストーン、設定の失敗、セキュリティインシデントなどを表示します。

アセスメントエンゲージメント

認証パッケージにリンクしたアセスメントエンゲージメントを作成します。

POA&M 管理

修正タスクを使用して、効果のないコントロールの作成と、それに対応するプロセスを構築します。

自動化されたコントロールテスト

継続的な監視を使用して違反を特定し、問題をより早期に発生させます。

継続的な認証と監視の入手方法

継続的な認証と監視は、ServiceNow Governance, Risk, and Compliance で利用できます。Integrated Risk Management プログラムでセキュリティ部門と IT 部門をつなぎます。

さらに詳細を見る…

Policy and Compliance Management

ポリシーのライフサイクルを自動化および管理し、コンプライアンスを継続的に監視します。

Risk Management

きめ細かなビジネスインパクト分析により、リスクの適切な優先順位付けと対応が可能になります。

Discovery

オンプレミスデータセンターとクラウド間のオペレーションフットプリントを総合的に確認できます。

Vulnerability Response

ビジネスへの影響度に基づき、脆弱性の優先順位付けと対応を効率良く行います。

専門家に相談する

質問への回答を通じて、ServiceNow® が最新のデジタルワークフローでお客様のビジネスの変革をどのように促進するかをご確認ください。