重要業績評価指標 (KPI) とは?

重要業績評価指標 (KPI) とは、企業の業績を測定可能な数値で評価するもので、一般的には競合他社との比較に用いられます。

ビジネスの成功は、決して偶然ではなく、継続的な改善と十分な情報に基づいた目標設定から最終的に得られる結果です。そのため、成功する企業とは、そのパフォーマンスを、インサイトを用いて分析することに専念している企業です。KPI は、意味ある意思決定のすべてを、事業達成目標を中心に行い、あらゆる階層と部門において当事者意識と責任感を高めるうえで役立ちます。KPI は、あらゆる組織の健全性と成功に不可欠なものです。

重要業績評価指標の影響を理解するためには、まず、KPI に関連するいくつかの重要な要素とポイントを理解する必要があります。

KPI は成功を測定する

KPI により、企業や組織の戦略、財務、業務上の成果を評価することができます。多くの場合、状況を把握するために、同業他社の指標を参考にして作成されます。

KPI は定量化可能でなければならない

KPI が真の価値を提供するためには、それが測定可能なものでなければなりません。数値化できない要素は、ビジネスの成功に貢献するかもしれませんが、正確に測定できないため、KPI に含めるべきではありません

KPI にはビジネスと顧客に焦点を当てた指標が含まれる

KPI には、財務、プロセス、顧客関連の指標が含まれますが、これらに限定されません。

KPI は必ずしも全社的なものではない

個々の部門、あるいは個々の従業員が独自の KPI を持つこともあるでしょう。しかし、このような KPI は、会社全体の KPI に貢献するものでなければなりません。

関連する指標がすべて適切な KPI になるわけではありません。KPI が価値あるものであるためには、SMART の基準に従う必要があります。SMART とは、Specific (具体的な)、Measurable (測定可能な)、Attainable (達成可能な)、Relevant (意味のある)Time-bound (期限付きの) の頭文字をとったものです。SMART は、組織が重要なパフォーマンス指標としてどの指標に焦点を当てるべきかを評価するうえで役立ちます。

Specific (具体的な)

KPI は正確な測定しだいであるため、焦点とする目標は非常に具体的でなければなりません。「ビジネスの改善」や「顧客の成功事例を増やす」だけで構成された KPI は避けてください。具体的な目標を設定することで、関係者全員が共通認識を持つことができ、組織の調整、より良いビジネス成果と顧客価値を実現するステップを特定、測定することが容易になります。

Measurable (測定可能な)

KPI は、目標に向けた進捗状況を示すものであり、その進捗状況が測定できなければ、KPI は無効です。また、測定可能な KPI により、目標達成のためにどのような行動が必要かの判断と、パフォーマンスの評価と報告が可能になります。

Attainable (達成可能な)

時には、高い目標を目指すことに価値があるかもしれませんが、達成不可能な目標は、時間を浪費し、最善の努力をしている従業員の意欲を削ぐことにもなりかねません。KPI は、チームを新たな高みへと押し上げる積極的なものであるべきですが、同時に現実的なものでなければなりません。そうでなければ、その KPI は企業を失敗に導くだけです。

Relevant (意味のある)

KPI は、自分のビジネスにとって重要な目標に関連するものでなければなりません。成功に貢献しない指標を追うことで時間や労力を無駄にしてはいけません。また、設定した KPI を再検討し、その妥当性を評価する必要があります。現在の戦略や目標に合わせて動的に焦点を変えることができれば、重要な目標に向かってチームを前進させることができます。

Time-bound (期限付きの)

締め切りはストレスになることもありますが、効果的な KPI を設定するためには絶対に必要です。スケジュールが設定されていないと、チームが前進し続けなければならないという切迫感が低くなります。同時に、KPI のスケジュールは、変化する目標に対応したり、予期しない変数や緊急事態を考慮したりして調整する必要があります。

KPI は、測定可能で具体的で意味のあるものでなければならないため、詳細を紙に書き出すのは難しいものです。KPI を書いて設定する段階では、次のようなステップを考慮してください。

1. 目標を明確にする

目標と KPI は切り離せない関係にあります。そのため、効果的な KPI の作成は、KPI が特定の目標やビジネスの成果にどう関連するかを明確に評価することから始まります。KPI は、単なる数字やデータではなく、企業が達成しようとしていることを戦略的な表現にしたもので、数字やデータの裏付けが必要です。すべては、明確な 1 つの目標あるいは一連の目標を書き出すことから始まります。

2. 全利害関係者から同意を得る

関係者全員の賛同が得られなければ、KPI は単なる言葉にすぎません。すべての利害関係者に目標と測定対象を伝え、パフォーマンスと進捗をどのように測定するかを正確に伝えましょう。利害関係者の質問に手際よく答え、KPI を向上させるためのアイデアを受け入れるようにします。可能であれば、目標を全社的に浸透させて、完全なすり合わせを図り、理解を深めます。

3. KPI を定期的にレビュー、更新する

KPI を見直し、再評価する定期的なサイクル (毎週毎月など) を設定します。パフォーマンス指標は動的なものでなければなりません。達成しようとしていることを正確に表さなくなった場合、確立された KPI に固執しないでください。KPI を見直すことで、進捗状況やパフォーマンスを把握できるだけでなく、KPI の選択や設定が全体的にどれだけ効果的に行われているかを把握できます。KPI が適切でなくなったり、達成できないことが分かった場合、あるいは単に実用的でなかったり、効果がない場合は、振り出しに戻って、目的に沿ったものに修正、更新してください。

KPI は、SMART の条件に合わせれば、基本的にあらゆる業界のあらゆるプロセスや目標を対象とすることができますが、一般的に 4 つのカテゴリのいずれかに分類できます。

インプット

インプット KPI は、アウトプットを生み出すために使用されるリソースの量、質、種類などを測定します。

プロセス

プロセスに焦点を当てた KPI は、特定のアウトプットを生み出すためのアクションやタスクに関連するものです。プロセストレーニングやツール・機器などのプロセス制御も含まれることがあります。

アウトプット

アウトプット KPI は、完了した作業や生産された製品を測定します。

成果

これらの KPI は、中間成果 (最終目標を達成するために必要な成果) と最終成果 (最上位の目標) に分類され、何が達成され、どのような影響が出ているかに的を絞っています。成果を測定する最良のアプローチとは何かという点で、市場は変わりつつあることに注意してください。

適切な KPI は、企業に成功への明確な道筋を与えてくれます。しかし、それだけではありません。

傾向の予測

KPI により、目標達成に向けたプロセスの実態を継続的に把握することができます。このため、傾向を把握し、サービスのボトルネックを回避するために必要な軌道修正を行うことが可能になります。

パフォーマンス指標のメリット

リソースの優先順位付け

進捗状況を測定、追跡することで、どこにリソースが最も必要なのか、どこでリソースをより有効に活用できるのかを明確に理解することができます。

従業員エンゲージメントの向上

KPI が効果的であれば、従業員を 1 つにまとめ、全員が同じ方向に向かっていることを確認し、個人のパフォーマンスが会社の目標にどのように影響するかについて明確なインサイトが得られます。これにより、より充実した従業員エクスペリエンスが可能となり、その過程で従業員のエンゲージメントが向上します。

自動化とセルフサービスの最大化

プロセスをより正確に把握することで、自動化やセルフサービスのオプションを導入して効率を向上させる余地がある領域を特定できます。

継続的改善の指針

KPI は、設定された目標を達成するためだけでなく、継続的に改善する文化を生み出すためにも不可欠です。目的を明確にし、アウトプットを増加させ、効率を向上させるとともに、関係者全員が企業の成功の達成と再定義を目指すことができます。

効果的な KPI 管理がビジネスを左右すると言っても過言ではありません。この点を考慮して、ServiceNow は業界をリードする Performance Analytics を提供しています。Performance Analytics は、企業がサービスデリバリーの最適化に必要な KPI を構築・追跡するのに欠かせないデータとインサイトを提供します。

Now Platform をベースに構築された Performance Analytics は、最も重要な傾向や指標を他社製品には真似できない形で可視化して、使いやすいダッシュボードに視覚的に表示するプロセス最適化ソリューションです。組み込みアラートが異常を特定して知らせてくれるので、パフォーマンスに悪影響を及ぼす前に問題に対処することができます。優先順位付けツールは、ビジネス要件を用いて、チームが何に注力すべきかを判断するのに役立ちます。また、Performance Analytics は、他のさまざまなツールやシステムと簡単に統合できるため、本当に重要なデータに関する正しいインサイトを常に手に入れることができます。

ビジネスマネジメントを始める

ServiceNow がどのように KPI 革命をリードしているのか、ご自身の目で確かめて、ビジネスを成功に導く準備をしてください。