イノベーションマネジメントとは?

イノベーションマネジメントとは、革新的なアイデアの獲得、計画、組織化、推進、管理を含む、戦略的なビジネス手法のことです。

イノベーションを管理するのは難しいことです。実際、イノベーションを管理することはできないと主張する人もいます。それは、ひらめきやインスピレーションに大きく依存しているため、計画を立てることができないという意見です。しかし、現代のビジネスリーダーの多くは、適切な戦略とプロセスを確立することで、イノベーションを予測し、導くことができると考えています。また、そうすることで、真のビジネス価値を創造し、従業員やお客様の満足度を向上させることができると確信しているのです。アイデアが吟味され、承認されると、開発と提供のための計画を立てることができます。

さらに言えば、ビジネスにおけるイノベーションとは、閃光のような創造性だけを指すのではなく、有用なコンセプト、製品、サービス、戦略などのアイデアを体系的に整理して導入するための、すべてのステップを意味します。これらは、ビジネスに前向きな変化をもたらし、競合他社との差別化を図るために存在するアイデアです。多くの場合、企業の戦略は、「ビジネスの運営」「ビジネスの成長」「ビジネスの革新」の 3 つのカテゴリのいずれかに分類されると考えられます。イノベーションマネジメントは、この 3 つのカテゴリそれぞれで役割を果たします。このように、イノベーションマネジメントは非常に幅広い用語であるだけでなく、継続的な成功のために非常に重要なものです。

 

イノベーションは、どのようなビジネスにもプラスに働くものとして、ほぼ共通して認識されています。企業は、慣習から脱却して新しい基準を設定し、新しいアイデアを開拓することを目指します。しかし、イノベーションは、それ自体が従業員や利害関係者、お客様にメリットをもたらすものでなければ意味がありません。


イノベーションマネジメントでは、イノベーションを定量的に測定可能なものに分類することが重要です。これが達成されれば、企業はイノベーションマネジメントの実際のメリットを確認できるようになり、効果的な管理方法を確立するための取り組みを始めることができます。

イノベーションマネジメントの重要なメリットは以下の通りです。

新しいアイデアの獲得

イノベーションマネジメントの最も明白なメリットは、価値ある新しいアイデアを集めて整理する能力が高まることです。イノベーションマネジメントツールを使えば、組織全体からこれらのインサイトを 1 か所に集め、トラッキングして整理し、素早くレビューすることが容易になります。

最も可能性の高いコンセプトの特定

新しいことへの挑戦には、必ずリスクが伴います。イノベーションマネジメントでは、この現実を認識して受け入れ、リスクを可能な限り低減し、成功する可能性の高いアイデアを特定することに注力します。これにより、企業は成果を上げる可能性の高いイノベーションに、より多くの時間と資金を投資することができます。

コスト削減と利益率向上

時代遅れのアイデアや非効率的なプロセスには、共通して「費用対効果が低い」という問題があります。新しいイノベーションを明確に算定することで、企業は経費を使いすぎている部分を特定し、古いコンセプトをより良い ROI を生む可能性の高いものに置き換えることができます。

優秀な人材の確保

優秀な社員は、新たな可能性を追求するビジネスに惹かれます。革新的であることで知られる企業には、一般的に、より高いレベルの人材が応募してきます。そして、革新的な企業は当然ながら革新的な人材を惹きつけるため、雇用によってビジネス自体に前向きな変化をもたらし続けるのです。

繰り返し発生する問題の解決

繰り返し発生する問題は、時間の経過とともに容認されてしまう傾向にあり、組織は非効率な回避策を採用し続けたり、効果のない解決策で壁にぶつかり続けるのを避けて損失を許容したりすることがあります。イノベーションマネジメントは、このような継続的な問題を解決するための新しいアプローチを促進し、企業がこうした問題を再検討し、より効果的な解決策を見つけることを可能にします。

エンゲージメントを高める

真のイノベーションを実現するには、従業員の協力が不可欠です。従業員の視点を理解し、スタッフと協力してアイデアを集めることで、ユニークなインサイトを得ることができます。また、従業員は重要な意思決定に参加していると感じることができ、前向きな思考、継続的なコミュニケーション、包括性を促進することができます。その結果、従業員は自分の意見が尊重されていると知り、幸福感と意欲が高まります。

常にユーザーに通知

効果的なイノベーションマネジメントにより、ユーザーはアイデアを集約するだけでなく、レビュー、承認、実行のプロセスにあるアイデアを追跡することができます。イノベーションマネジメントツールには、進行中のアイデアにステータスの変更があった場合にユーザーに通知するアラートシステムが含まれています。

イノベーションは、前向きで新しいアイデアが出されるかどうかに大きく依存します。しかし、創造性は最初の一歩に過ぎません。効果的なイノベーションマネジメントには、アイデアがイノベーションとして成功する可能性を最大限に高めるための確立されたプロセスが必要です。

組織によってアプローチは多少異なりますが、標準的なイノベーションマネジメントのプロセスは次のような基本構造を持っています。

イノベーションマネジメントのプロセスを示すグラフィック

提出

前述のように、創造性はイノベーションマネジメントの最初のステップです。しかし、アイデアが現れた後は、そのアイデアを根拠としたイノベーションの成功に向けて取り組む必要があります。イノベーションマネジメントツールを使って、アイデアの発案者はアイデアを提出し、プロセス全体を通してアイデアの評価や管理に使用されるデジタルの記録を作成していきます。

保存

提出されたアイデアは、システム内に保存され、権限のあるユーザーが簡単にアクセスして、検索したり共同作業を行ったりすることができます。アイデアを適切に保管することは、イノベーションマネジメントに不可欠であり、新しいアイデアを吟味し、追求するための一元的な場所を提供することになります。

整理

アイデアを共有し管理するための一元的な場所を持つことは良いスタートですが、アイデアを保存した後は、関連するカテゴリに正しく整理する必要があります。アイデアを分類することで、有望なイノベーションを適切な利害関係者が検討することができます。

コラボレーション

アイデアが関連するカテゴリに整理されたら、それらについてレビューや議論を行うことができます。優れたイノベーションマネジメントツールには、信頼性の高いコラボレーションオプションが含まれており、発案者や利害関係者は、質問、フィードバックの提供、提案を行い、さらには最も推進したいアイデアに投票することができます。

管理と評価

コラボレーションのステップでは、ハイリスクでローリターンのアイデアは除外され、関係者全員に上位の提案を実行可能なものに洗練させる機会が与えられます。アイデアが明確になり、洗練された状態になると、利害関係者は開発を進める前に最終評価を行い、アイデアの管理者は特定のアイデアを承認するか否かの最終決定を行うことができます。承認されたアイデアはタスクに結び付けられ、イノベーションマネジメントツールでは、さまざまな開発段階を通じてこのアイデアを追跡し、ライフサイクル全体で最新のテータスを把握することができます。

ServiceNow IT Business Management は、前向きな変化を可能にし、企業の取り組みから優れた価値を実現するために必要なツール、リソース、サポートを提供します。また、ビルトインの Innovation Management ソリューションにより、従業員のエンゲージメントを高め、インパクトのあるイノベーションを促進することが、これまで以上に容易かつ効果的になります。

ServiceNow Innovation Management アプリは、直感的な操作性が特徴です。ユーザーは、アイデアの提出と追跡、他のユーザーが提出したアイデアの閲覧と議論、ステータスカテゴリによるアイデアのフィルタリング、最も実施してほしいアイデアへの投票などを行うことができます。

利用しやすく便利な場所として機能する Innovation Management アプリは、インタラクティブなコメントボードを介して簡単で効果的なコラボレーションを可能にします。また、機械学習によって類似したアイデアが抽出され、重複を排除するのに役立ちます。承認されたアイデアは、必要なタスクに迅速に変換され、優れた新しいイノベーションが迅速に進められて、組織、従業員、そして信頼していただいているお客様に真の価値を生み出すことができます。

ServiceNow は企業のイノベーションマネジメントへの取り組み方を変えます。貴社のために何ができるかをご覧ください。

ServiceNow ITBM の詳細を見る

スケーラブルな ITBM ソリューションを用いて、ビジネスと IT 戦略を連動させ、価値を高めることができます。