アジャイルプロジェクト管理とは?

アジャイルプロジェクト管理とは、ソフトウェア開発を管理するための反復的なアプローチであり、開発ライフサイクルを通して継続的にフィードバックを取り入れるものです。

アジャイルプロジェクト管理とも呼ばれるこのアプローチは、ソフトウェア開発のアジャイル手法に基づいており、部門横断型のチームが継続的なコラボレーション、計画、学習、改善を行うことで、ソフトウェアをより迅速に提供し、変化に柔軟に対応することができます。アジャイルアプローチの目的は、プロジェクトが完了してからすべての利益を享受するのではなく、ソフトウェア開発プロセス全体を通して利益を享受することにあります。アジャイル管理は、チームを調整し、効果的なプロセスを確立し、期限を設定して、アジャイルソフトウェアプロジェクトを成功させるために存在します。

アジャイルとアジャイル管理は、本来、より良いソフトウェア開発を促進するために作られたものですが、アジャイルのコアバリューは、さまざまな種類のプロジェクトを網羅するのに十分な包括性を備えています。このコアバリューは、オリジナルのアジャイルマニフェストを元にしています。

  • プロセスやツールよりも、個人やインタラクション。
  • 包括的なドキュメントよりも、動作するソフトウェア。
  • 契約交渉よりも、お客様とのコラボレーション。
  • 計画の順守よりも、変化への対応。

言い換えれば、アジャイルでは、確立されたプロセスに忠実に従うのではなく、知的能力の高いチームメンバーに頼って、実用的なソリューションを生み出す自由度が必要なのです。アジャイルは、お客様を開発プロセスに参加させ、フィードバックを募り、現場レベルでの解決策を検討します。大量の時間をかけて詳細なドキュメントを作成するのではなく、実際に成果物を作成することに集中します。そして、これらのプロセス全体で、即応性と適応性を備えていなければなりません。

アジャイルプロジェクト管理は、ソフトウェア開発の分野で実績を上げてきた実証済みの管理体系であり、他の業界やプロジェクトにも適用され始めています。これは、アジャイルプロジェクト管理とそれを支えるアジャイル手法が、多くの重要なビジネス上のメリットをもたらすためです。そのメリットには、以下のようなものがあります。

プロセスの簡素化

アジャイルプロジェクト開発の反復的な性質から、不必要で非効率な作業が必然的に削減されます。その結果、リソースと調和し、無駄をほとんど排除した可視性の高いプロセスが生まれます。

オーバーヘッドの削減

アジャイルプロジェクト管理は、より簡素化されたプロセスを可能にするため、作業をより素早く効率的に完了させることができます。これにより、プロジェクトの支出が大幅に削減されます。同時に、問題や欠陥をより早く発見し、解決することができるため、修理や改善にかかる多くのコストを削減することができます。

適応性の向上

アジャイルの名前の由来でもある「適応性」は、アジャイル管理の中核をなすものです。反復アプローチにより、チームは開発の途中でプロジェクトを簡単に再評価し、必要に応じていつでも必要な方向へ戦略を変更して、浮上してきた問題や移り変わる優先順位にうまく対応することができます。

リスク削減

アジャイル管理では、短いスプリントを使用し、定期的に一貫したフィードバックを行うことで、従来の方法論とは比較にならないプロジェクトの透明性を実現しています。プロジェクトが明確に可視化されていれば、チームは予期せぬ問題に遭遇する可能性が低くなり、問題に遭遇した場合は迅速な対処を行うことができます。これは、アジャイルプロジェクト関連では、発生するリスクが減少することを意味します。

従業員のエンゲージメントの強化

アジャイルプロジェクト管理は、アジャイルチームを導くために設計されていますが、実際には、ほとんどのアジャイルチームは極めて自律的です。アジャイルチームは、革新的なソリューションや、新しいアイデアを生み出す自由を享受できます。また、小規模なチームでは、全員が目標達成に向けて重要な役割を果たすことができます。これらの要素が、個々のチームメンバーの価値観や信頼感を高め、従業員のエンゲージメントを向上させます。

顧客満足度の向上

アジャイル管理の最も重要なポイントは、エンドユーザーの満足度でしょう。アジャイル開発では、お客様はチームの一員となり、継続的なフィードバックを提供し、開発者と協力して解決策を検討し、より質の高い成果物を確保します。お客様と協力することで、チームはお客様の問題を実際に解決するソリューションをエンドユーザーに提供することができます。また、お客様は、自分の意見が尊重されていること、そして組織が可能な限り最高のサービスを提供するよう尽力していることを知ることができます。

アジャイルとアジャイル管理は、本来、より良いソフトウェア開発を促進するために作られたものですが、アジャイルのコアバリューは、さまざまな種類のプロジェクトを網羅するのに十分な包括性を備えています。このコアバリューは、オリジナルのアジャイルマニフェストを元にしています。

  • プロセスやツールよりも、個人やインタラクション。
  • 包括的なドキュメントよりも、動作するソフトウェア。
  • 契約交渉よりも、お客様とのコラボレーション。
  • 計画の順守よりも、変化への対応。

言い換えれば、アジャイルでは、確立されたプロセスに忠実に従うのではなく、知的能力の高いチームメンバーに頼って、実用的なソリューションを生み出す自由度が必要なのです。アジャイルは、お客様を開発プロセスに参加させ、フィードバックを募り、現場レベルでの解決策を検討します。大量の時間をかけて詳細なドキュメントを作成するのではなく、実際に成果物を作成することに集中します。そして、これらのプロセス全体で、即応性と適応性を備えていなければなりません。

アジャイルプロセスは、以下の 6 つの重要なステップに分けられます。

  • 要件
    チームは、プロジェクトのアイデアを出し、会社の目標やお客様のニーズに基づいて、何を優先すべきかを決定します。
  • 計画
    プロジェクトマネージャーは、チームを編成し、資金を確保して、プロジェクトの初期要件を決定します (プロジェクトの継続に伴い、要件は変化します)。
  • 設計
    チームは製品の開発を開始します。継続的なフィードバックを取り入れ、確立された要件を考慮しつつ、何度も反復し、確実なコミュニケーションをとりながら、プロジェクトを完了へと導きます。
  • 開発
    開発段階では、QA テスト、トレーニング、ドキュメント作成などを行い、稼働する準備を整えます。
  • リリース
    リリース後、開発チームは繰り返し製品を改良し、サポートしていきます。
  • モニタリング
    チームは、お客様に製品をお届けします。各チームは、お客様への通知や移行、タスクの廃止などの検討を続けます。

 

アジャイル開発プロセスの画像

前述の通り、アジャイル管理は、アジャイルソフトウェア開発をベースに設計されています。しかし、そのアプローチは他の部門 (マーケティングや製造など) にも容易に採用することができ、さまざまな業界の組織がプロセスを改善するためにアジャイル管理を採用しています。

実際、不確実な環境で活動するための柔軟性を必要とするあらゆるビジネス (例えば自動車、教育、軍事など) が、アジャイル管理の恩恵を受ける可能性があります。アジャイルプロジェクト管理は、組織のアジリティに貢献し、事業環境の変化に対して迅速に最小限の混乱で適応することを可能にします。

アジャイルプロジェクト管理ツールにはさまざまな種類がありますが、おそらく最もよく使われるソリューションはスクラムとカンバンの 2 つでしょう。

スクラムは、アジャイル管理のためのフレームワークです。スクラムは、基本的に上記の基本的な価値観に沿っており、同じようなメリットを得ることができます。ただしスクラムでは、コラボレーションの促進、開発プロセスのスピードアップ、チームの集中力の向上のために、一定期間の反復作業 (スプリント) を行います。

バックログはスクラムの大きな特徴であり、実行する必要のある作業の全体像を詳細に示しています。「プロダクトバックログ」は、優先度の高い順に並べられた機能のリストであり、「スプリントバックログ」は、スクラムのスプリント期間中に完了する必要のあるタスクを特定したものです。

スクラムでは、以下の 3 つのレベルの説明責任を重視しています。

  • プロダクトオーナー
    プロダクトオーナーは、プロジェクト全体とその中に含まれる機能を定義します。ステークホルダーからのフィードバックに対応し、プロダクトバックログを維持し、関連するチームメンバー全員がプロジェクトの優先順位を理解していることを確認します。また、プロダクトオーナーは、お客様のニーズや要望の代弁者でもあります。
  • 開発チーム
    通常、3 ~ 9 人で構成されるスクラム開発チームは、自分たちで組織を作り、作業を達成するための最善の方法を決定します。これらのチームは部門横断型であり、説明責任は個々のチームメンバーではなく、チーム全体にあります。
  • スクラムマスター
    スクラムマスターは、スクラムチームを軌道に乗せ、コミュニケーションと改善を促進し、アジャイルの原則が確実に守られるようにします。

スクラムのセレモニーとは?

スクラムのスプリントの中には、4 種類のミーティング (セレモニーと呼ばれる) があります。セレモニーは、開発サイクルの要所ごとに開催され、関係者全員が同じ目標に向かって協力して作業を進めるためのものです。

スクラムの 4 つのセレモニーには次のようなものがあります。

  • スプリント計画
    スプリントの目標を決めるための最初の計画会議
  • スプリントレビュー
    スプリントで完成したものを披露するための共有会議
  • デイリースタンドアップ
    チームメンバーがプロジェクトやタスクの最新状況を把握し、認識を統一するための短い会議
  • レトロスペクティブ
    うまくいったこと、いかなかったことの評価を含む、プロジェクトのレビュー

スクラムボードをどのように使うか?

プロジェクト、プロセス、タスク、責任を可視化するために、スクラムではスクラムボードを取り入れています。スクラムボードを使うことで、チームはプロダクトバックログからスプリントバックログにアイテムを簡単に移動させることができ、「未着手」「作業中」「完了」などの複数のステップをワークフローに組み込むことができます。

カンバンも広く使用されるアジャイルフレームワークです。スクラムが短く構造化されたスプリントで構築されているのに対し、カンバンはより流動的なアプローチをとります。カンバンではチームのキャパシティに合わせて仕事を進め、できるだけ早く仕事を終わらせることに重点を置く一方で、変更が生じた場合には即座に効果的な対応を行います。

カンバンでは、バックログを使わず、さまざまな列を使って、やるべき仕事を指定します。チームがタスクやプロジェクトを完了すると、新たなスプリントを立ち上げることなく、直接新しい作業に移ることができます。チームがキャパシティを超えて活動しないようにするために、カンバンでは、「未着手」以外の列に追加できる量にあらかじめ定義された制限 (仕掛り作業制限または WIP 制限と呼ばれる) を使用します。

カンバンのコンポーネントとは何か?

カンバンのフレームワークには、以下に示す 4 つのコンポーネントがあります。

  • ストーリー
    カンバンのストーリーとは、完了や解決が必要な作業プロジェクトやタスク、課題のことです。

  • カンバンボードの列 (レーン) は、どのプロジェクト、ユーザー、ワークストリームなどがどのタスクに関連しているかを区別します。
  • WIP 制限
    WIP 制限は、チームのキャパシティを考慮して、各列やレーンに一度に追加できる作業の最大量を決定します。
  • 継続的なリリース
    さまざまなストーリーに取り組み、WIP の制限を超えないようにすることで、チームは進捗に合わせて継続的に製品をリリースすることができますし、そうなるはずです。

カンバンボードをどのように使うか?

スクラムボードと同様に、カンバンボードはプロジェクトやタスクを視覚化し、効果的にタイムラインを確立してリソースを計画できます。ボードは前述の列で構成されています。新しいストーリーは、WIP 制限によりチームがタスクに着手できるようになるまで、「未着手」の列に置かれます。チームは、ストーリーを指定された列に移動させ、さまざまなステータスを経て、完了に至ります。カンバンボードは、やるべきことを視覚的に表現するだけでなく、どのタスクの優先順位が高いかについても示します。

ServiceNow は、あらゆる規模の組織に、アジャイル手法で成功を収めるために必要なツール、リソース、機能を提供します。Now Platform 上に構築される ServiceNow IT Business Management 製品の一部である Agile Development アプリケーションは、視覚的なアジャイル管理ボードへの容易なアクセスを提供し、特定のニーズを満たすために事前設定またはカスタマイズが可能です。また、ビルトインの分析機能とデータの可視化機能により、ユーザーはチームやプロジェクトの改善に役立つ信頼性の高いインサイトを常に得ることができます。

ServiceNow のアジャイル管理により、戦略と実行を結びつけることで、企業はより早いイノベーションを実現します。開発サイクルをリアルタイムで可視化し、成果物のデリバリー速度を最適化できます。また、単一ビューでポートフォリオを追跡し、編成する機能も得られます。また、アジャイル計画から DevOps までのフローを簡素化することで、従業員の生産性が向上します。

正確な計画、即時の作業レベルの予測、分かりやすいインターフェイスなど、実績のあるアジャイル管理を適用して、ビジネスの迅速な実現を支援します。ServiceNow の Agile Development がそれを可能にします。

ServiceNow ITBM の詳細を見る

スケーラブルな ITBM ソリューションを用いて、ビジネスと IT 戦略を連動させ、価値を高めることができます。