Platform as a Service (PaaS) とは?

Platform as a Service (PaaS) とは、Web アプリケーションの構築、テスト、展開、管理をサポートするクラウドコンピューティングモデルのことです。

企業が使用する最新の IT の状況は複雑です。信頼できる IT ソリューションを内部や外部のユーザーに提供するために、さまざまなハードウェア、ソフトウェア、コンピューティングリソースを使用しています。多くの場合、大半の企業はこのような状況をオンプレミスで対処できません。この課題を解決するのがクラウドコンピューティングです。サードパーティプロバイダーから IT サービスとソリューションを賃借すれば、必要なインフラストラクチャの構築やメンテナンスを行うことなく、高度なコンピューティングの利点を得ることができます。

Platform as a Service (PaaS) は、「Infrastructure as a Service」(IaaS) や「Software as a Service」(SaaS) とともに、クラウドコンピューティングの主要な 3 つのモデルのうちの 1 つです。

クラウドコンピューティングモデルの違いは、それぞれのオプションの有益度の大きさによって定義されます。各モデルは組織の IT 機能をサポートして強化するために設計されており、提供するサービスのレベルが異なっていると考えられます。IaaS が提供するサポートとリソースは最も限定的であり、SaaS はそれよりもずっと包括的なサービスセットを提供します。PaaS は両者の中間に位置します。コンピューティングモデルが異なれば、満たすビジネス要件も異なります。

以下では、クラウドコンピューティングをまったく使用しないオプションも含め、各オプションを詳細に検証します。

SaaS、PaaS、IaaS の比較

オンプレミス

オンプレミス (「社内」とも呼ばれる) コンピューティングとは、IT インフラストラクチャに対するアプローチの 1 つであり、個人や企業がすべてのハードウェアとソフトウェアの全責任 (各コンポーネントの資金調達、インストール、管理、更新、交換など) を担います。企業はさらに、拡張、機能、構成、セキュリティなど、他の IT 業務も実行します。一方、企業が自社の IT に対して行えることに制限がなく、常に自社のデータに自由にアクセスできます。

社内コンピューティングは、責任が最も大きく、データが最も自由に使えるアプローチです。さまざまな IT インフラストラクチャを効果的に管理するために、時間、労力、運用コストが大量に必要です。クラウドコンピューティングの存在意義は、重要な業務とリソースを解放して、主要なサービスと機能をサードパーティプロバイダーに従量制でアウトソースできることにあります。

IaaS

IaaS (「Hardware as a Service」とも呼ばれる) では、重要な責任の一部が企業の手から離れます。ストレージ、仮想化、サーバー、ネットワーク構築などのインフラストラクチャサービスを、必要に応じて賃借できます。プロバイダーはオンデマンド支払モデルを通して顧客である企業に課金します。オペレーティングシステム、アプリケーション、ランタイム、ミドルウェア、データなど、IT インフラストラクチャの他の側面の責任は、ユーザーにあります。必要なシステムとアプリケーションは、顧客が実行しますが、物理的ハードウェアのメンテナンスは、ベンダーが実行します。

PaaS

PaaS になると、アウトソース可能な IT リソースが大幅に増加します。IaaS モデルで提供されるものに加えて、ランタイム、オペレーティングシステム、ミドルウェアもサポートされます。これはまだ「完全」なクラウドソリューションとは言えず、顧客が自社のデータとアプリケーションの責任を負います。

PaaS の最も大きなメリットは、カスタムアプリケーションのコード作成、構築、管理に必要なリソースを簡素化できる点です。開発者とプログラマーは、アプリ開発用に構築された環境を提供する PaaS ソリューションをよく使用します。組み込まれたソフトウェアコンポーネントを使いながら、更新やハードウェアのメンテナンスを心配せずに、フレームワークの作成やカスタム Web アプリケーションの構築ができます。これにより社内開発者が自分で作成するコードの量が大幅に減少し、時間を効率的に利用できます。

SaaS

最も包括的なクラウドコンピューティングモデルである SaaS は基本的に、IT インフラストラクチャのあらゆる面を処理します。つまり、SaaS はクラウドの顧客に完全なアプリケーションすべてを提供し、データ、ランタイム、オペレーティングシステム、ミドルウェア、仮想化、ストレージ、サーバー、ネットワーク構築などのすべての責任を担います。プロバイダーは更新や全般的なメンテナンスも処理します。ユーザーは、Web ブラウザ、ダッシュボード、API を使用してアプリケーションに接続するだけです。

前述のように、クラウドコンピューティングのモデルに応じて適しているユースケースは異なります。PaaS は、システムの管理に詳しくなくても簡単に実行でき、多数のユーザーが利用でき、拡張性も優れています。しかも仮想化テクノロジーを基にして構築されているため、コストの高いオンサイトでのハードウェア管理が不要です。このため、次のような多数のシナリオでビジネスニーズを満たすための理想的なソリューションとなります。

アプリケーションの開発

PaaS のユースケースのうち最も広く知られているものは、おそらく「アプリケーション開発」でしょう。開発者が内部ユーザーか外部ユーザーかにかかわらず、PaaS はクラウドアプリケーションの構築に使用できるすべてを装備したフレームワークを提供します。通常、PaaS はノーコードやローコード開発のソリューションとなり、コーディングの経験が限定的な人やまったくない人でも、構築済みコンポーネントをアセンブリし、効果的なソフトウェアプログラムを作成できます。

プロセスの自動化

PaaS ソリューションをアプリケーション開発以外に拡大すると、ビジネスプロセス全体の自動化も可能になります。PaaS でニーズに応じてカスタマイズされた効果的なデジタルワークフローを作成することで、承認や通知を自動化でき、運用を記録できます。詳細なコーディングは必要ありません。

分析

PaaS プラットフォーム内で作業をすると、データを明確に、詳細に確認できます。トレンドを正確に見極めて結果を予測し、ビジネス上の重要な意思決定に関するインサイトを得ることができます。分析ツールが組み込まれているため、重要なデータの分析漏れはなく、ボトルネックを特定でき、改善の機会を見逃しません。

PaaS の基本的な定義は一貫していますが、認識しておくべき 2 種類の PaaS が存在します。

パブリック PaaS

一般的な形態である「パブリック PaaS」は、料金を支払っている顧客にサービスを提供するものです。サービス、ソリューション、ツールにはインターネットからアクセスします。ミドルウェアやその他のリソースを提供するパブリック PaaS を使用した場合、企業は必要なインフラストラクチャを管理せずに、アプリケーションとプロセスを構築できます。

エンタープライズ PaaS

クラウドコンピューティングは本来、オフサイトのサードパーティベンダーから必要なインフラストラクチャが提供されるものですが、エンタープライズ PaaS は、社内のアプローチを取ります。自社のサーバー、ネットワーク、ミドルウェアを使用してアプリケーションツールとリソースを提供しながら、エンタープライズ PaaS を採用してセキュリティを厳格に管理します。ただし IT インフラストラクチャ全体の管理に関するコストと責任も企業が負担します。

サードパーティ PaaS クラウドコンピューティングの使用には明白なメリットが複数存在します。たとえば次のようなメリットがあります。

コスト削減

企業が従来の従量制クラウドコンピューティングを利用した場合は、コストを大幅に削減できます。オンサイトサーバーの設置、メンテナンス、管理に関連するコストをすべて負担する必要はなく、必要とするサービスの分だけ料金を支払います。ニーズの変化や企業の成長に応じて、PaaS を拡張することも簡単です。したがってコスト、時間、人材を解放して、他の優先事項に使うことができます。

PaaS のメリット

アプリケーション開発の迅速化

顧客の期待に急いで沿う場合でも、緊急事態に対処して社内のビジネス機能を変更する場合でも、アプリケーションの展開を高速化することにデメリットはありません。ソフトウェア開発の手間のかかる部分の多数を PaaS が処理するため、従来型のオンプレミスソリューションやツールに必要な新しいアプリケーションと製品の作成、テスト、展開を、わずかな時間で実行できます。

複数プラットフォームの統合

PaaS クラウドのベンダーは、企業を支援して、アクセス可能なアプリケーションを作成できるようにする能力を頼みにしています。したがってほとんどのプロバイダーは、プラットフォームをまたがったアプリケーション開発用のツールを組み込んでいます。企業は、ユーザーが求めるどのようなプラットフォームでも稼働する単一のソフトウェアソリューションを作成でき、モバイル、デスクトップ、タブレットなどの開発チームを構築してトレーニングを行う必要はありません。

PaaS にはメリットがありますが、企業のニーズに合わない場合があります。PaaS の次のような点は、デメリットとなる可能性があります。

セキュリティコントロールの弱体化

ほとんどのクラウドプロバイダーは、自社の継続的な成功が、顧客の機密データの保護にかかっていることを理解しています。それでもなお実際には、企業がクラウドベンダーを利用した場合、データのセキュリティに関するコントロールをある程度放棄することになります。厳しいセキュリティ基準を実施している企業にとって、一部のクラウドプロバイダーは要件を満たしていないかもしれません。とは言え、ほとんどのクラウドベンダーは、企業が導入しているものよりも厳しくて効果的なセキュリティ対策を採用しています。

インフラストラクチャの調整が困難

クラウドサービスは、企業の既存のインフラストラクチャと効果的に連動する必要があります。残念ながら、企業のレガシーシステムが存在する場合や、基盤となる IT インフラストラクチャの設計が多岐にわたる場合など、クラウドと簡単に連動できないことがあります。インフラストラクチャを調整するために必要な変更には、膨大なコストがかかる可能性があります。

予期せぬダウンタイム

停電、メンテナンス上の問題、ハッキング、その他の緊急なイベントが起きて、サードパーティプロバイダーにアクセスできない場合があります。そうしたベンダーに依存している企業は、予期せぬダウンタイムをコントロールすることはほとんどできず、その結果重要なツールを利用できなくなります。

Now Platform を始めましょう

全社のデジタルワークフローで、従業員、部門、システムをつなげて、イノベーションの促進、アジリティと生産性の向上を実現します。