ノーコード開発とは?

ノーコード開発とは、ソフトウェアを構築するためのコードレスなアプローチであり、技術者ではないビジネスユーザーが独自の作業用アプリケーションを作成できるようにするものです。

ローコードとノーコードという用語は、ビジネスの現場では同じ意味で使われることがあります。しかし、実際には、アプリケーション開発に対する 2 つの異なるアプローチを表しています。

ローコードとは?

ノーコード開発は、広く普及しているローコードアプローチと目的が似ていますが、さらに一歩進んだものとなっています。ローコード開発は、使いやすいコーディングソリューションを提供することを目的としており、技術的なトレーニングをあまり受けていないユーザーでも、事前構築済みのテンプレートやドラッグ & ドロップを使って、プラットフォーム上で作業を行い、カスタムアプリケーションを迅速に開発できます。これにより、コードを使ってゼロからすべてを構築するのではなく、設定を変更したり、事前構築済みのコンポーネントを活用したりすることで、プロジェクトを速く進めることができます。また、初級レベルの開発者やビジネスアナリストもそのメリットを活かして、他の方法でできる以上にプロジェクトへ貢献をすることができます。

しかし、完全に機能させるためには、コーディングの知識がある程度必要になります。それでも、ローコードには、フレームワークやテストの段階を飛ばして直接アプリを構築するショートカットが使えるなど、ハンドコーディングに比べて有利な点がいくつもあります。ただし、最終的には、少なくとも基本的なコーディングの知識を持つ人が、プロジェクトを仕上げる必要があります。

ノーコード

ノーコードは、まさにその名の通り、コーディングの経験が全くない人のための開発アプローチです。単に簡単な方法を提供するのではなく、宣言型プログラミングを用いて、ユーザーの入力に基づいてアプリケーションを構築します。言い換えれば、ノーコード開発では、コーディングを完全に省略し、必要なものをシステムに伝えて、システム自体にアプリケーションを構築させることができます。

ローコードと同様に、ノーコードプラットフォームにも、ドラッグ & ドロップツールや視覚的で使いやすいインターフェイスなど、事前構築済みの機能が含まれていることが多いのですが、大きな違いは、ユーザーが一行のコードも実装することなく、最初から最後までアプリを作ることができるという点です。ノーコードの本質は、市民開発者が、シンプルで効果的なアプリを自分で作成し、ビジネスの大半の自動化を進めることができるようにすることです。ノーコードとは、コードというよりも設定です。

基本的に、ローコードは開発者を対象とし、ノーコードはビジネスユーザーを対象としています。

企業におけるノーコード開発には、ハンドコーディングに比べて有利な点がいくつもあります。

ビジネスの理解を深める

ノーコードでは、ビジネス、ビジネスプロセス、ビジネスユーザーエクスペリエンスの要件を誰よりもよく知っている利害関係者が、その要件を最もよく満たすアプリを作成することができます。その結果、アプリの機能性が向上し、ユーザーエクスペリエンスも向上します。

ノーコード開発のメリットのいくつかを示す図

ビジネスプロセスを自動化する

従来のコーディングでは、多くの手作業が必要です。ノーコード開発では、これらの必要不可欠でありながら時間のかかる作業を効率化します。これにより、開発期間の短縮と生産性の向上が促進されるだけでなく、プロセス自体の可視化と追跡が可能になります。

アプリケーション開発を加速する

ノーコード開発は、新しいアプリケーションの作成にかかる時間を大幅に短縮します。ノーコード開発では、主要なプロセスが自動化され、機能が完全にモジュール化されているため、複雑なエンタープライズレベルのアプリでも数週間から数日で作成することが可能です。シンプルなアプリなら数時間で作成できることもあります。また、ノーコード開発者は、従来の IT アプリケーション開発チームを当てにせず、自分のアプリをセルフサービスで開発することができます。これは、生産性の向上と、突発的なニーズに対応するためのアジリティの向上を意味します。

少ない労力でより多くのことを行う

プロの開発者は、自分のスキルと時間を価値の高い仕事に集中させることができます。コーダーではない人がプロジェクトを開始し、プロのコーダーは選択的に「仕上げ」の作業に入ることができます。同時に、企業は開発チームを総動員するのではなく、プロフェッショナルなアプリケーションを作成するために必要なら、個々の市民開発者にツールやリソースを提供できます。これにより、社内のエキスパートは他の重要な仕事に専念することができます。

変更を簡略化する

アプリケーションの重要な部分を手作業で変更するのは、複雑で時間がかかります。しかし、ノーコードでは、直感的な操作で簡単に新しいロジックを実装することができます。簡単な変更を実装するために 100 行ものコードを書く必要はなく、ノーコードソリューションではシンプルなプルダウンメニューを使うことができます。ビジネスや顧客へのサービスを向上させて、アクセシビリティ、テスト、リスクなどに影響を与えるために、アプリをあっという間に更新、変更することができます。

組織を連携させる

組織内の誰もがアプリ開発を利用できるようにすることで、さまざまな部門や階層をこれまでになく結びつけることができます。ビジネスニーズを明確に理解している人は、別の開発チームに自分たちのビジョンを説明するのではなく、自分たちの条件でアプリを作成できます。また、組織の他の分野に関連する他の機能を統合する際には、関連する利害関係者に責任を委ねることができます。

ユーザーエクスペリエンスを最新化する

効果的なノンコードプラットフォームには、エンドユーザーに優れたエクスペリエンスを提示するように設計された最新のフレームワークが組み込まれています。このフレームワーク内で作業することで、ユーザーに完全に最新化されたエクスペリエンスを提供できるという確信を持ちながら、特定の要件を満たすことに集中できます。

アプリデリバリーの規模を拡大する

企業の成長に伴い、アプリケーションのニーズも高まっています。ノーコードにより、企業がこのニーズに対応することが可能になり、新しい市民開発者を指名して、新しい大規模なアプリソリューションを作成できます。必要なアプリのニーズと機能を理解している人がいる限り、ノーコード開発が実現のためのツールとなります。

経費を節減する

生産性の向上、効率性の向上、開発チームの肥大化の抑制などを考慮すると、ノーコード開発の最大のメリットは、おそらくコストです。ノーコードはアプリケーション構築プロセス全体を簡素化し、民主化することで、従来の開発に比べてより良いアプリケーションをより速く、少ないコストで実現できます。

ノーコード開発は、ビジネスのほぼすべての側面を変える可能性を秘めていますが、最も直接的に影響を与えるのは 3 つの特定のグループです。

市民開発者

ノーコードでは、市民開発者に、アプリケーションを構築するためのシンプルで直感的な環境が用意されます。ガイド付きのテンプレートや事前構築済みのアセットを使用することで、技術者でなくても必要なアプリケーションを設計することができます。また、忙しい IT チームや開発チームを関わらせなくても、重要な変更を実装するためにアプリケーションを簡単に見直すこともできます。

IT 運用

ノーコードは、アプリケーション開発の輪から IT 部門を切り離そうとしているように見えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。実際、ノーコード開発では、簡単にヘルスチェックを行い、開発プロセスに制限をかける権限が IT 部門に与えられます。企業内で作成されたアプリを展開、管理するのは、IT 部門です。コードレスプラットフォームの特徴として複雑さがないため、IT 部門は、アプリのパフォーマンスや、アプリがもたらす運用上の影響や中断について、簡単にエンドツーエンドで可視化することができます。

プロの開発者

市民開発者が自分でアプリを作れるのなら、プロの開発者は何をすればいいのでしょうか。経験豊富な開発者は、従来のアプリ構築から離れて、代わりに価値の高いコンポーネントの構築に時間を割くことができます。

ノーコードの利点は、さまざまなユースケースにとって理想的なソリューションであることです。

スタートアップ

開発部門を設置するリソースや需要がない新規事業でも、限られた資金で採算の取れる製品を作ることで競争力を維持できます。

迅速な市場投入が可能なアプリケーション

新興市場のギャップには、迅速な対応が必要です。新興市場の状況を活かしたい企業は、ノーコード開発を利用して、市場での地位を迅速に確立することができます。

コンセプトの実証

すべてのアプリケーションを、完全に洗練された状態で一般公開する必要はありません。特定のコンセプトを実証したり、製品と市場の適合性をテストしたりするためにプロトタイプが必要な場合、ノーコード開発が迅速で信頼できるソリューションとなります。

ナレッジ管理

おそらくあなたの組織では、さまざまな才能、スキル、専門性を持った人々が活躍しているでしょう。その知識を全社的に共有してください。ナレッジ管理にノーコードを活用すれば、誰でも自分の経験に基づいてワークフローやビジネスプロセスを最適化できるということです。

ノーコードで構築できるものの範囲は、プラットフォームの選択に大きく依存します。とはいえ、ノーコード開発から生まれる最も一般的で効果的なアプリケーションのタイプには、以下のようなものがあります。

  • バックオフィス
    既存のワークフローに準拠して設計されたバックオフィスアプリケーションにより、データインサイトを収集、分析、適用することができます。
  • Web アプリケーション
    高機能でありながら、きわめて簡単に構築できる Web アプリケーションにより、自社のオンラインプレゼンスを最適化しましょう。ノーコード開発により、バックエンドシステムとフロントエンドシステムのギャップを埋め、カスタムブランディング、ウィジェット、チェックアウト機能などを実装することができます。
  • モバイルアプリケーション
    最適化された高性能のアプリケーションでユーザーに最高のモバイルエクスペリエンスを提供しましょう。ノーコード開発プラットフォームには、モバイルに特化したツールやコンポーネントが含まれているため、ユーザーが常に持ち歩きたくなるアプリケーションを作成することができます。

ローコードやノーコードのソリューションが簡単に手に入るようになったことで、プロの開発者が時代遅れになりつつあるのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、ノーコードのアプリ開発は誰でもできるかもしれませんが、プロの経験に取って代わることはできません。

コーディングに関して本来深く理解しているプロの開発者は、複雑なコンポーネントの開発、真の意味でカスタマイズされたアイデアの実装、新しいコーディング機能の探求、さらにはローコードやノーコードのプラットフォームの構築とメンテナンスで、今後も常に必要とされるでしょう。実のところ、プロの開発者はノーコード開発から恩恵を受けます。なぜなら、プロの開発者にしか解決できない複雑な問題に、自分の知識をより効率的に応用できるからです。

アプリケーションの需要が大きいことから、多くの組織は、ノーコードプラットフォーム上の市民開発者のリソースを使って、対応能力をさらに拡大しようとしています。ServiceNow Creator Workflows は、単一のシンプルなプラットフォーム環境であり、事前に構築されたテンプレートと使いやすいローコードツールを使って、市民開発者が素早く能力を発揮することができます。この単一環境は、さまざまなレベルの経験を持つ開発者による、複数のスキルを用いたコラボレーションの効率も最大限に高めます。ノーコード、ローコードのビルダーは、プロの開発者が作成したコンポーネントを組み立て、再利用することで、開発ソースに関係なく、納期を短縮し、エクスペリエンスの標準化を進めることができます。

Creator Workflows は、ビジネスの健全性に悪影響を与えないように、複雑さとリスクを排除した安全な開発環境です。企業が必要とする全要件を満たす高品質とコンプライアンスの一貫した基準を確保するため、初心者のユーザーが触れられるのは、実践で試され十分に管理された機能とコンポーネントのみになっています。

ServiceNow はノーコード、ローコードのソリューションにより企業を強化します。このソリューションがどのように役立つのかをご覧ください。

 

Creator Workflows を始める

デジタルワークフローが企業と Now Platform をつなぎます。