MORE

働く現場の最新実態レポート

高度に自動化された企業は、自動化の進んでいない企業と比べ、15%以上の増収を見込める確率が6倍になる

高まる競争、グローバリゼーション、刻々と変化を続ける技術などの変化に対応するために、仕事の量は驚くほどのペースで増加しています。それに対応するために、職場ではますます自動化が必要となると言われています。世界のビジネスリーダー1850人以上を対象に行った調査で以下の結果を得られました:

  • 約半数の企業(46%)が、自動化を進めなければ、2018年には発生する業務量に対応できなくなると答えており、86%が2020年に限界に達すると答えている
  • 管理職の79%は、自動化によって雇用が創出されると答えている
  • IT部門はもっとも業務が効率化されており、人事部門はもっとも遅れている

本資料をダウンロードし、インテリジェントオートメーションが職場にどのような影響を与え、またどの程度のペースで採用されていくのかをご確認ください。

全て必須項目となります