Created with Sketch.

Recovery Email

Your account give you access to even more premium content, don't lose access to it. Provide a recovery email below.
  • Secondary E-mail

ServiceNow、2020年第4四半期および通期の決算を報告

• 2020年第4四半期のサブスクリプション売上高は11億8,400万ドルで、前年比32%増、為替変動の影響を除外すると29%増を達成

• 2020年第4四半期のサブスクリプション請求額は18億2800万ドルで、前年比41%増、為替変動と請求期間の影響を除外すると38%増を達成

• 年間契約金額が100万ドルを超える総顧客数は1,093社

※本資料は、2021年1月27日(米国時間)付けで、米国ServiceNow, Inc. が発表した業績発表全文の抄訳版です。

 

米国カリフォルニア州サンタクララ(2021年1月27日):ServiceNow, Inc.(NYSE:NOW)は本日、2020年12月31日を末日とする2020年第4四半期の決算を発表しました。2020年第4四半期のサブスクリプション売上高は11億8,400万ドルで、前年同期比32%の成長率となりました。

 

当四半期中、ServiceNowは、新規の正味の年間契約額(ACV)が100万ドルを超える取引を89件獲得しました。当社は現在、年間契約額が100万ドル超の顧客を合計で1,093社有し、顧客数は前年同期比で23%増となりました。

 

ServiceNowのプレジデント 兼 最高経営責任者(CEO)のビル・マクダーモット(Bill McDermott)は、次のように述べています。

「2020年通期は市場をリードする1年となり、全体的に予想を大幅に上回る結果となりました。デジタルトランスフォーメーション、クラウドコンピューティング、ビジネスモデルの革新といった世間の追い風は、すべて絶好のタイミングで交わりました。当社のプラットフォームは、シームレスなワークフローを可能にし、人にしかできない素晴らしい体験を創造するデジタルビジネスを実現するためのものです。現在われわれは、新型コロナウイルスのワクチン開発からワクチン接種への移行を手助けする、世界で最も重視されているワークフロー課題への取り組みに注力しています。当社は1つのワークフローで瞬時に世界を変えており、21世紀を代表するエンタープライズ・ソフトウェア企業になることを目指して、順調に歩みを進めています」

 

ServiceNowの最高財務責任者(CFO)であるジーナ・マスタントゥオン(Gina Mastantuono)は、次のように述べています。

「非常に好調な2020年を締めくくる素晴らしい四半期を達成し、残存履行義務(Remaining Performance Obligations)は90億ドルで年を終えることができました。これらの目覚ましい業績は、強力なプラットフォームと製品ポートフォリオの提供、お客様との関係構築の深化への注力、お客様のデジタルトランスフォーメーションを実現するというコミットメントが奏功していることを実証するものです。この激動の一年の中での、チームのパフォーマンスとたゆまぬ遂行能力を大変誇りに思います。当社は、売上高100億ドルを誇るエンタープライズ・ソフトウェア企業になるという目標に向かって力強く前進しており、2021年にはどのような機会が待っているのか、今から大変楽しみです」

 

第4四半期中、IT、Employee、Customer Workflowsに加え、人工知能(AI)や機械学習機能の継続的な進展とお客様による採用がありました。1月に完了したElement AIの買収により、ServiceNowには世界クラスの技術的才能を持つ人材が豊富に揃い、AIを活用したワークフローのリーダーになるという当社のコミットメントがより一層明確になりました。ServiceNowでは、お客様が新型コロナウイルス感染症に対応できるように革新を続けていますが、今週には、ラストマイルとなるワクチン接種の課題を解決し、医療の成果をより一層高める初のワクチン管理ソリューションを発表しました。ServiceNowの包括的なアプローチによってワクチンの供給、接種、接種後のモニタリングに関する複雑な課題を簡素化するワークフローソリューションを実現します。

 

2020年第4四半期のGAAPベースおよび非GAAPベースの決算概要

2020年第4四半期の決算概要は以下の通りです。

 

2020第4四半期
(GAAPベース)

 

2020年第4四半期(1)
(非GAAPベース)

 

金額
(百万ドル)

前年同期比
成長率(%)

 

金額
(百万ドル)

前年同期比
成長率(%)

調整後の金額
(百万ドル)2)

調整後
の前年同期比
成長率(%)

サブスクリプション売上高

$1,184

 

32%

 

 

 

$1,161

 

29%

プロフェッショナルサービス
および その他の売上高

$66

 

26%

 

 

 

$65

 

23%

総売上高

$1,250

 

31%

 

 

 

$1,226

 

29%

 

 

 

 

 

 

 

 

サブスクリプション
請求額

 

 

 

$1,828

 

41%

$1,796

 

38%

プロフェッショナルサービス
および請求額

 

 

 

$80

 

31%

$78

 

29%

総請求額

 

 

 

$1,907

 

40%

$1,874

 

38%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金額
(百万ドル)

粗利益率(%)

 

金額
(百万ドル)

粗利益率(%)

 

 

サブスクリプションの売上
総利益

$974

 

82 %

 

$1,009

 

85%

 

 

プロフェッショナルサービスおよび
その他の売上総利益(損失)

($3)

 

(5%)

 

$11

 

16%

 

 

売上総利益

$971

 

78%

 

$1,019

 

82%

 

 

営業利益

$18

 

1%

 

$276

 

22%

 

 

営業活動によるキャッシュフロー

$686

 

55%

 

 

 

 

 

フリーキャッシュフロー

 

 

 

$565

 

45%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金額
(百万ドル)

基本的/
希薄化後
1株当たり利益
($)

 

金額
(百万ドル)

基本的/
希薄化後

1株当たり利益
($)

 

 

当期純利益

$17

$0.09/$0.08

 

$235

$1.20/$1.17

 

 

1.      本プレスリリースには、非GAAPベースの財務情報が含まれますが、これはGAAPに従って算定された財務情報を補足するものであり、その代替またはそれよりも優れたものとみなすことはできません。非GAAP指標については「非GAAP財務指標の使用について」を、非GAAP指標に基づいたGAAPの調整については業績発表リリース全文の最後に記載されている表「GAAP to Non‑GAAP Reconciliation」(非GAAP指標に基づいたGAAPの調整)、英語」を参照してください。

2.      非GAAPベースの調整後のサブスクリプション売上高、プロフェッショナルサービスおよびその他の売上高、総売上高、プロフェッショナルサービスおよびその他の請求額は、為替変動の影響を除外するように調整されています。非GAAPベースの調整後のサブスクリプション請求額および総請求額は、為替変動と請求期間の影響を除外するように調整されています。非GAAP指標については「非GAAP財務指標の使用について」を、非GAAP指標に基づいたGAAPの調整については業績発表リリース全文の最後に記載されている表「GAAP to Non‑GAAP Reconciliation」(非GAAP指標に基づいたGAAPの調整)、(英語)」を参照してください。

注)数値は四捨五入しています。

 

2020年通期のGAAPベースおよび非GAAPベースの決算概要

2020年通期の決算概要は以下の通りです。

 

2020年通期
(GAAPベース)

 

2020年通期(1)
(非GAAPベース)

 

金額
(百万ドル)

前年同期比
成長率(%)

 

金額
(百万ドル)

前年同期比
成長率(%)

調整後
の金額
(百万ドル)(2)

調整後
の前年同期比
成長率(%)

サブスクリプション売上高

$4,286

 

32%

 

 

 

$4,272

 

31%

プロフェッショナルサービス
および その他の売上高

$234

 

14%

 

 

 

$233

 

13%

総売上高

$4,519

 

31%

 

 

 

$4,505

 

30%

 

 

 

 

 

 

 

 

サブスクリプション
請求額

 

 

 

$4,982

 

32%

$4,963

 

31%

プロフェッショナルサービス
および請求額

 

 

 

$247

 

15%

$246

 

15%

総請求額

 

 

 

$5,229

 

31%

$5,209

 

30%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金額
(百万ドル)

粗利益率(%)

 

金額
(百万ドル)

粗利益率(%)

 

 

サブスクリプションの売上
総利益

$3,555

 

83%

 

$3,689

 

86%

 

 

プロフェッショナルサービスおよび
その他の売上総利益(損失)

($23)

 

(10%)

 

$29

 

12%

 

 

売上総利益

$3,532

 

78%

 

$3,718

 

82%

 

 

営業利益

$199

 

5%

 

$1,121

 

25%

 

 

営業活動によるキャッシュフロー

$1,787

 

39%

 

 

 

 

 

フリーキャッシュフロー

 

 

 

$1,449

 

32%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金額
(百万ドル)

基本的/
希薄化後
1株当たり利益
($)

 

金額
(百万ドル)

基本的/
希薄化後
1株当たり利益
($)

 

 

当期純利益

$119

$0.61/$0.59

 

$926

$4.79/ $4.63

 

 

1.      本プレスリリースには、非GAAPベースの財務情報が含まれますが、これはGAAPに従って算定された財務情報を補足するものであり、その代替またはそれよりも優れたものとみなすことはできません。非GAAP指標については「非GAAP財務指標の使用について」を、非GAAP指標に基づいたGAAPの調整については業績発表リリース全文の最後に記載されている表「GAAP to Non‑GAAP Reconciliation」(非GAAP指標に基づいたGAAPの調整)、英語」を参照してください。

2.      非GAAPベースの調整後のサブスクリプション売上高、専門的なサービスおよびその他の売上高、総売上高、専門的なサービスおよびその他の請求額は、為替変動の影響を除外するように調整されています。非GAAPベースの調整後のサブスクリプション請求額および総請求額は、為替変動と請求期間の影響を除外するように調整されています。非GAAP指標については「非GAAP財務指標の使用について」を、非GAAP指標に基づいたGAAPの調整については業績発表リリース全文の最後に記載されている表「GAAP to Non‑GAAP Reconciliation」(非GAAP指標に基づいたGAAPの調整)、(英語)」を参照してください。

注)数値は四捨五入しています。

 

投資家向け説明会の詳細

将来の見通しに関するガイダンスを含む本決算に関する追加情報と分析に関しては、以下URLの投資家向けプレゼンテーションをご参照ください。http://investors.servicenow.com.

 

非GAAP財務指標の使用について

本プレスリリースには、非GAAPベースの財務情報が含まれますが、これはGAAPに従って算定された財務情報を補足するものであり、その代替またはそれよりも優れたものとみなすことはできません。

 

·        調整後の売上高:当社は、為替変動の影響を除いた事業の業績を評価できるように、恒常通貨で調整した売上高を提示しています。この情報を提示するために、米ドル(USD)以外の通貨で報告している事業体の当期実績は、当期間に有効な実際の平均為替レート(2020年第4四半期の主要通貨の平均実効為替レートは1米ドルあたり0.84ユーロ、1米ドルあたり0.76英ポンド)ではなく、比較期間中に有効な平均為替レート(2019年第4四半期の当社の主要通貨の平均実効為替レートは、1米ドルあたり0.90ユーロ、1米ドルあたり0.78英ポンド)で米ドルに換算しています。為替変動の影響を除外するように調整された売上高の提示は、前年同期の売上高との比較を容易にするものと考えています。

·        請求額と調整後の請求額:当社はサブスクリプションの請求額、プロフェッショナルサービスおよびその他の請求額、ならびに総請求額を、キャッシュフロー計算書に表示されているまたはキャッシュフロー計算書から導き出された繰延収益、未請求債権、顧客からの預かり金を該当する売上高に加えたものと定義しています。当社は、上述のように、為替変動と請求期間の影響を除外するように請求額を調整しており、その際、当年度中の複数年分の請求額のうち12ヶ月を超える部分を、比較期間中の複数年分の請求額の12ヶ月を超える部分に置き換えることで調整を行っています。このような調整により、請求額を前年同期実績と比べる際の精度が向上すると考えています。当社では、請求額は当社の業績に関する一つの指標であると考えています。

·        売上総利益、営業利益、純利益、希薄化後1株当たり当期純利益:当社の非GAAPベースの売上総利益、営業利益、純利益は、株式報酬費用、転換社債に関連する債務割引および発行費用の償却、早期転換損、購入無形資産の償却、法的和解、企業合併およびその他の関連費用、ならびにこれらの調整に関連する税効果など、特定の非現金または非経常的な項目を除外しています。非GAAPベースの希薄化後1株当たり当期純利益の計算に使用した非GAAPベースの加重平均株式数は、転換社債のイン・ザ・マネー部分の希薄化効果を除外しています。これらは当社の社債ヘッジによってカバーされており、その中にはタイム・ベースのストック・アワードの希薄化効果、ワラントの希薄化効果、および業績条件が達成される可能性が高いと当社が考える範囲で業績条件が予測達成レベルをまだ満たしていない当社のストック・アワードの潜在的な希薄化効果が含まれています。これらの調整は、投資家の皆様に有用な補足情報を提供し、当社の業績分析や報告期間間の業績比較を容易にするものと考えています。

·        フリーキャッシュフロー:フリーキャッシュフローとは、営業活動から得た(使用した)純現金に、法的解決や債務割引を目的に転換社債の返済のために支払われた現金を加え、有形固定資産の購入で支払われた経費を控除したものと定義されています。フリーキャッシュフローマージンは、総売上高に対するフリーキャッシュフローの割合として計算されます。フリーキャッシュフローおよびフリーキャッシュフローマージンに関する情報は、当社の事業運営の強さと業績を示す指標であるため、投資家の皆様に有用な情報を提供するものと考えています。

 

当社が用いている非GAAP財務指標は、他の企業が使用している類似の指標と比較できない場合があります。投資家の皆様におかれましては、当社のビジネスをより深くご理解いただくために、GAAPベースの業績、非GAAPベースの補足情報、およびこれらを算定するために行われる調整を慎重に検討されることをお勧めします。GAAPベースと非GAAPベースの間の業績の調整に関しては、ServiceNow, Inc.が2021年1月27日(現地時間)に発表した業績発表リリース全文の最後に記載されている表をご覧ください。

 

将来の見通しに関する記述について

本リリースには、当社の業績に関する「将来の見通しに関する記述」が含まれていますが、そこには「業績見通し」のセクションに記載された記述が含まれますが、これに限定されるものではありません。将来の見通しに関する記述は、既知および未知のリスクや不確実性の影響を受け、実際の結果が将来の見通しに関する記述によって予想または暗示されたものと大幅に異なる可能性がある不正確な仮定に基づいています。このようなリスクや不確実性が顕在化した場合、または仮定のいずれかが不正確であることが判明した場合、当社の業績は、当社が行う将来の見通しに関する記述によって明示的または黙示的に示された結果とは大きく異なる可能性があります。

実際の結果が将来の見通しに関する記述と大きく異なる可能性のある要因には、以下のようなものがあります。(i) 新型コロナウイルス感染症による人々の健康への影響とその期間、および「屋内避難」や同様の政府の指示など、病気の蔓延と影響を制限するための取り組みの有効性、範囲、期間を含む、その影響を緩和するための安全対策の経済的影響。(ii) 既存および新規の競合他社との競争に勝つ当社の能力。(iii) データおよびインターネットに関連する進化するプライバシー法、データ転送制限、その他の国内外の基準を遵守する当社の能力。(iv) 急激に進化する技術、市場、顧客の動向を予測し、準備し、迅速に対応する当社の能力。(v) 当社のサービスまたはデータセンターにおけるエラー、中断、遅延、またはセキュリティ侵害。(vi) 当社の事業を成長させる当社の能力。これには、残存する履行義務を収益に変換すること、顧客の追加と維持、既存顧客によるサブスクリプションの延長の獲得、複雑な販売サイクルと認証プロセスを持つ大企業、政府機関、規制対象組織への販売、新しい地域や市場への参入が含まれます。(vii) 戦略的取引を通じて獲得したものを含む、新たに改良された製品やサービスを開発し、顧客に受け入れられるようにする当社の能力。(viii) 米ドルに対する外貨の価値の重要な変動。さらに、これらの将来の見通しに関する記述には、リスク、不確実性および仮定が含まれており、これには、新型コロナウイルス感染症が当社の事業および世界的な経済状況に継続的に与える影響に関するものも含まれています。これらの仮定の多くは、ソーシャル・ディスタンシングやその他の緩和要件の期間や深刻度、新型コロナウイルスによる逆風の時期、新型コロナウイルス感染症が新規または既存顧客の購買決定に与える継続的な影響、販売サイクルの長さ、更新時期または請求条件、特に新型コロナウイルス感染症の影響を強く受ける特定の業界の顧客に対する当社の販売サイクルの長さなど、当社がコントロールできない、急速に変化している事項に関連していますが、これらに限定されません。当社の将来の見通しに関する記述の前提となる仮定からの大幅な変動は、当社の実際の結果を変動させる可能性があり、その影響は重大なものになる可能性があります。

当社の業績に影響を与える可能性のあるこれらの要因およびその他の要因に関する詳細情報は、2020年9月30日を末日とする四半期に向けて提出された当社のフォーム10 Q、および2020年12月31日を末日とする年度に向けて提出される予定の当社のフォーム10 Kを含む、当社が米国証券取引委員会(SEC)に随時提出するその他の提出物に含まれています。

当社は、これらの将来の見通しに関する記述を更新する義務、アナリストの予想を再検討したり確認したりする義務、さらに、中間報告や当四半期の進捗状況に関する最新情報を提供する義務を負うものではなく、かつ、これらを意図していません。

// 2020 年 2 月 23 日のコメント // 本番環境のページロードの遅さを修正するため // ローンチにより追加できるかどうか後で Zan および Alex と確認する // 2020 年 2 月 23 日のコメント // 本番環境のページロードの遅さを修正するため // ローンチにより追加できるかどうか後で Zan および Alex と確認する

ありがとうございます

Thank you for submitting your request. A ServiceNow representative will be in contact within 48 hours.

form close button

お問い合わせ

ServiceNowのイベント情報、製品情報、サービスについての最新情報を受け取る ※配信停止のご依頼はいつでも承っております.

  • このフォームを送信することにより、私は次を読み、同意したことを確認します。プライバシー規約.