Created with Sketch.

Recovery Email

Your account give you access to even more premium content, don't lose access to it. Provide a recovery email below.
  • Secondary E-mail

トップメッセージ

 

新型コロナウイルスの感染拡大は、社会や企業が安全性を確保しながら事業を継続することの必要性からリモートワークの積極的な導入を検討するきっかけとなりました。いまだ感染拡大収束への見通しが立たないことを背景に、多くの企業がこれを「ニューノーマル時代の働き方」とし、その実現に向けて、デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速が喫緊の課題となっています。

ServiceNowは創業以来、「We make the world of work, work better for people (人にしかできない付加価値の高い、新しい仕事を創造する)」をpurposeとして、人を中心に据える、「働く」世界の向上に貢献してきました。

必要なサービスを、必要な時に、必要な場所で提供することで、優れた従業員あるいは顧客体験を実現すること。これがServiceNowの目指すソリューションであり、社名の由縁でもあります。まさに「ニューノーマル時代の働き方」に合致するこのソリューションを支えるのがServiceNowビジネスの根幹であるNow Platformであると自負しています。

システムを新しいものに置き換えるのではなく、すでにあるシステムやデータをオーケストレーションし、それまで部門ごとにサイロに走っていたタスクから部門横断型の「アクション」へとつなげていく、それがNow Platformです。国内でも、あらゆる業界の多くの企業や自治体がNow Platformを活用することで、複雑化した業務やタスクをデジタルワークフローでシンプル化し、IT、顧客(市民)、従業員との業務のあり方や働き方を変革しています。加えて、ローコード・ノーコード開発ソリューションで、これからの企業のデジタル化を支える市民開発の支援も強化しています。

昨今では、システム提供での支援のみならず、日本のDX推進を支援するためのデジタル人材の育成に注力し、必要なスキルや、ビジネス、およびリーダーシップの開発および育成を行う無償プログラム「NextGenプログラム」を国内の大学やパートナーやユーザー企業と取り組むといった活動も進めています。ノウハウを伝授する講義から、それを活かすためのインターンシップの機会を創出し、実用的な経験まで提供します。

ServiceNowは、グローバルそして日本固有のニーズやビジネスを把握している国内パートナーとのエコシステムをさらに拡大し、国内企業や組織のビジネスを加速するデジタルワークフロー実現に焦点を当て、より良い社会や企業の発展に向けて、引き続き貢献していきます。                                                                                                                                    

Jim James

ServiceNow Japan合同会社
執行役員社長 ジェームズ・マクリディ